バニラVisaギフトカード クレジットカードのように使えるプリペイド

バニラVisaギフトカード キャッシュレス決済

オンライン決済ではクレジットカードが必要になることが多いですが、クレジットカードを作れなかったり、セキュリティが不安な方も多いでしょう。

そんな方に最適なのが、バニラVisaギフトカードです。

バニラVisaギフトカードはVisa加盟店でクレジットカードのように使えますが、加入審査は不要で、18歳未満でも使えます。また、氏名や住所といった個人情報も登録する必要はありません。

バニラVisaギフトカードの使い方

バニラVisaギフトカード次のお店で販売されています。

  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • イトーヨーカドー
  • ドン・キホーテ
  • ウェルシア

金額は3,000円~10,000円の間で1円単位で購入することができます。バニラVisaギフトカードを買う際に、いくら分を買うかをレジで店員に伝えて買います。

購入した後、すぐに使うことができます。

バニラVisaギフトカードの使い方は、クレジットカードのVisaカードと同じです。国内外のVisaマークのあるお店で使えます。

プリペイドカードなので利用可能金額まで何度でも使えます。

ネットで使うには利用登録が必要

バニラVisaギフトカードは街のお店(実店舗)はもちろん、PS4のPS storeなどのネットショッピングでも使えます。

ただし、ネットで利用するためには、初回のみ事前にパスワード入力が必要です。ネット利用の初回手続きの流れは次のとおりです。

  1. バニラVisaギフトカードの公式サイトでネット利用登録を行う。
  2. 携帯電話宛てにパスワードがショートメッセージ(SMS)が届く。
  3. 届いたパスワードを入力する。

バニラVisaギフトカードのチャージ

バニラVisaギフトカードは使い切り型のプリペイドカードなので、チャージ(入金)して残高を増やすことはできません。

バニラVisaギフトカードを合算して使う

複数枚のバニラVisaギフトカードの残高を1枚の残高に合算することはできませんが、複数枚のバニラVisaカードを使ってお買い物をすることはできます。たとえば、残高1,000円のバニラVisaギフトカード2枚で2,000円のお買いものができます。

バニラVisaギフトカードを使える店

バニラVisaギフトカードはVisaクレジットカードが使える店ならどこでも使えます。Visaマークがある加盟店であれば、国内でも海外でも使えます。

クレジットカードのVisaカードのように使えるバニラVisaギフトカードですが、クレジットカードとは異なる点もあります。

  • 支払回数は「1回払い」のみになります。
  • 3Dセキュアを要求するネットショップでは使えません。
  • 毎月の継続的な支払いや、自動更新手続きが発生する加盟店では使えません。
  • nanaco楽天Edyなど、各種プリペイドカードや電子マネーの購入、チャージ代金の支払いには使えません。
  • 高速道路通行料金(有人料金所)での支払いには使えません。
  • ガソリンスタンドでの支払いには使えません。
  • 航空会社の機内販売での支払いには使えません。

バニラVisaギフトカードのキャンペーン

2019年4月23日~6月3日の期間中にバニラVisaギフトカードを購入すると、抽選で20名にバニラVisaギフトカード10万円分がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

バニラVisaギフトカードを使い切る

バニラVISAギフトカードは使い切り型のプリペイドカードなので、残高が少なくなると買えるものが限られて使いづらくなります。

そんなときにはAmazonでギフト券を買うのがよいでしょう。Amazonギフト券は15円以上なら任意の金額を購入できるので、残高を使い切るのに便利です。

Amazonギフト券の購入金額について詳しくは公式サイトをご覧ください。

Visaのプリペイドカードについては、次の記事もご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント