ネット専用Visaプリペイドカード「Vプリカ」の使い方

ネットショッピング キャッシュレス決済

Vプリカとは、ネット専用のVisaプリペイドカードです。クレジットカードと異なり、審査不要で個人情報を登録する必要がありません。この時期では、Vプリカの使い方を紹介しています。

Vプリカの使い方

Vプリカはインターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードです。クレジットカードとの違いは次のとおりです。

Vプリカとクレジットカードの違い
Vプリカクレジットカード
審査不要必要
本人確認資料不要必要
銀行口座登録不要必要
カード記載氏名ニックネームで可本名
プラスチックのカードなしあり
利用開始購入後すぐカード到着後
利用可能額残高の範囲内与信額の範囲内
引落とし商品購入時後日
年会費無料無料または有料

クレジットカードとは異なり、審査不要で即時発行されます。

次の店舗ではVプリカを利用できません。

  • インターネット上ではない街のお店
  • 月額・継続契約の利用料金の支払い
  • FXなどの現金取引

Vプリカはコンビニやインターネットで購入・発行できます。

インターネットで買う場合は、VisaやMastercardのクレジットカードやインターネットバンキングで代金を支払えます。

コンビニでVプリカを買う場合、サンプルのカードをレジを持っていく方法とマルチメディア端末で購入する方法の2通りあります。

Vプリカには次の券種があります。

券種コンビニインターネット
500円×
1,000円×
2,000円
3,000円
5,000円
7,000円×
10,000円
20,000円×
30,000円×

手数料

Vプリカは年会費無料で使えます。ただし、Vプリカの未使用期間が3か月を超えた場合は、休眠カード維持費として毎月25日にVプリカ残高から125円が引き落とされます。引落前日の24日までに一度でもVプリカを利用すると、休眠カード維持費は発生しません。

有効期限

Vプリカの有効期限は、発行日から1年後の月末までとなります。有効期限を過ぎると、Vプリカは無効となり、残高は失効します。

アプリ

Vプリカにはスマホで使える公式アプリがあります。インターネットで提供しているVプリカ会員向けサービス「Myページ」の各機能を簡単に利用できるアプリです。

Vプリカアプリにはカメラを利用したスキャン機能が搭載されていて、スキャン時にはコンビニ等のマルチメディア端末で購入したVプリカの「発行コード」やVプリカギフト裏面の「認証番号」が自動入力されます。また、タップひとつで簡単にカード番号のコピーが可能で、Vプリカ利用時の入力がスムーズに行えます。

VプリカアプリはAndroidとiPhoneで使えます。Google PlayまたはApp Storeからダウンロードできます。

Vプリカギフト

Vプリカギフトはアカウント登録不要で、購入後すぐに使えるVisaプリペイドカードです。コンビニやインターネットで買うことができます。

VプリカギフトとVプリカの違い
VプリカギフトVプリカ
アカウント登録不要必要
販売価格額面より高い額面どおり

Vプリカギフトには次の2種類の券種があります。

額面価格販売金額
3,000円3,250円
5,000円5,290円

キャンペーン

2019年3月25日~3月31日の期間中に、Vプリカのアプリをダウンロードしてログインすると、先着50,000名にVプリカギフト100円分がもらえます。

Vプリカの会員登録が済んでいない場合は、アプリの「新規アカウント開設」からアカウントを開設する必要があります。

Visaプリペイドカードについては、次の記事もご覧ください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント