tsumiki証券 つみたてNISAでエポスポイントが貯まる証券会社

tsumiki証券 証券

平成30年8月31日、tsumiki証券のサービスが開始されました。

tsumiki証券とは

tsumiki証券は株式会社丸井グループの子会社で、毎月一定額を積み立て、資産の運用益が非課税になる「つみたてNISA」という制度が使える投資信託を販売する証券会社です。

利用者はスマートフォンなどを使って、丸井のクレジットカード「エポスカード」で購入する仕組みです。

クレジット払いで投資信託を購入できるのは、tsumiki証券が日本初です。

毎月3千円~5万円の範囲でつみたてを行うことができます。

エポスカードによるつみたては1回払いのみとなるため、金利手数料はかかりません。

エポスカードについて詳しくは次の記事をご覧ください。

エポスカード ゴールドカードは年会費無料・還元率1.5%にも!
エポスカードとは丸井グループの株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。 使える店 エポスカードは日本全国と海外のVISAマークがある店舗やネットショッピングで使えます。 VISAはクレジットカード国際ブランドの中で...
tsumiki証券 ブランドムービー

エポスポイントが貯まる

tsumiki証券では、年間のつみたて金額やつみたて期間に応じたエポスポイントがもらえます。

つみたてが開始された月を基準に、1年ごとに年間のつみたて金額の0.1%~0.5%のエポスポイントが貯まります。

つみたてNISAの投資額上限は年間40万円までなので、最大400~2,000ポイントが付与されます。

積立年数エポスポイント最大ポイント
1年目0.1%400ポイント
2年目0.2%800ポイント
3年目0.3%1,200ポイント
4年目0.4%1,600ポイント
5年目0.5%2,000ポイント

取扱商品

tsumiki証券では、投資信託のみ取り扱っています。

つみたてNISA対象の投資信託は152本ありますが、tsumiki証券で取り扱っているのは、そのうち4本です。

運用会社商品名信託報酬
コモンズ投信コモンズ30ファンド0.98%
セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.46%
セゾン資産形成の達人ファンド0.53%
レオス・キャピタルワークスひふみプラス3.00%

※信託報酬は税抜

※セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドはファンド・オブ・ファンズのため、投資先の投資信託で別途信託報酬がかかります

コモンズ30ファンド

コモンズ30ファンドは国内外の株式を対象とする投資信託です。実際には、ほぼ日本の株式に投資しています。

30年先の長期的な目線で選んだ30銘柄程度へ投資する投資方針が、コモンズ30ファンドの名前の由来になっています。

投資信託のメリットとして分散投資が挙げられますが、それに反して少数銘柄に集中投資するのは珍しい投資信託といえます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、国内外の株式と債券を投資対象とする投資信託です。

株式と債券の比率は原則50:50で、直接株式や債券に投資するのではなく、米バンガード社のインデックスファンドを通じて投資するファンド・オブ・ファンズ型です。

セゾン資産形成の達人ファンド

「セゾン資産形成の達人ファンド」は、国内外の株式を対象とする投資信託です。株式市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券に投資する場合もあります。

直接株式や債券に投資するのではなく、米バンガード社のインデックスファンドを通じて投資するファンド・オブ・ファンズ型です。

投資比率は日本が1割、先進国が7割、新興国が2割となっています。

ひふみプラス

レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」は、おもに日本の株式を投資対象とする投資信託です。

株価指数などに連動するインデックスファンドではなく、ファンドマネージャーが銘柄を厳選するアクティブファンドです。

ひふみプラスについて詳しくは次の記事をご覧ください。

運用成績が好調なアクティブファンド「ひふみ投信」と「ひふみプラス」
ひふみ投信とは、レオス・キャピタルワークスが運用する投資信託で、おもに日本株式に投資するアクティブ・ファンドです。TOPIXを上回る運用成績を集めています。 ひふみ投信 ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークスが直接販売する「直販投信」...

tsumiki証券のデメリット

tsumiki証券の取り扱い商品は投資信託のみで、上場株式は取り扱っていません。

投資信託にしても4本しかなく、手数料(信託報酬)も高めです。

丸井のカード会員は20~30歳代がほぼ半数で、投資の未経験者も多いため、おそらくtsumiki証券としては、これまで投資に馴染みのなかった層を対象としているのでしょう。何十本も商品があって選択に悩まないようにしたのだと思います。

エポスカードでエポスポイントを貯めている方にはメリットがありますが、その他の方にはSBI証券楽天証券をおすすめします。

エポスカードについて詳しくは次の記事をご覧ください。

エポスカード ゴールドカードは年会費無料・還元率1.5%にも!
エポスカードとは丸井グループの株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。 使える店 エポスカードは日本全国と海外のVISAマークがある店舗やネットショッピングで使えます。 VISAはクレジットカード国際ブランドの中で...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント