個人向けマネックス債が発行されます 2021年10月12日発行 利率0.7%

マネックスファイナンス株式会社が社債「個人向けマネックス債」を2021年10月12日に発行します。利率は0.7%で期間は5年です。

2021年のマネックス債

2021年10月12日に発行される個人向けマネックス債の概要は、次のとおりです。

社債概要
名称マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社
2026年10月13日満期 円建債券
発行体マネックスファイナンス株式会社
期間5年
利率年0.7%(税引前)
申込単位1万円単位1万円単位
発行日2021年10月12日
利払日毎年10月13日(年1回)
償還日2026年10月13日
格付BBB(JCR)
申込期間2021年9月22日 ~ 2021年10月12日

前回発行された個人向けマネックス債より、利率が0.1%アップしました。

マネックス債の発行体

個人向けマネックス債の発行体(債券の発行元)は、マネックスグループ株式会社の100%子会社であるマネックスファイナンス株式会社です。個人向けマネックス債には、親会社であるマネックスグループ株式会社の保証が付いています。

マネックスファイナンス株式会社はマネックスグループの100%子会社で、非上場の企業です。

EMTNプログラムや銀行借入などによる資金調達と、マネックスグループ内各社への資金供給を行っています。

MTNとはMedium Term Noteの略で、あらかじめ設定しておいた発行総額の枠内であれば、回数などの制限なく随時発行できる中期の債券です。米国以外の投資家に発行された場合はEMTN(Euro Medium Term Note)と呼ばれます。

マネックスグループには、次のような企業があります。

  • マネックスグループ株式会社
  • マネックス証券株式会社
  • マネックス・アセットマネジメント
  • マネックスベンチャーズ株式会社
  • コインチェック株式会社
  • 株式会社トークンズ

マネックス債のリスク

社債を発行するマネックスファイナンス株式会社が経営難や倒産した場合、利息が支払われなくなったり、投資した金額が戻ってこなくなる可能性があります。これを信用リスクといいます。

信用リスクを判断する材料として、格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)といった格付機関があります。

格付機関は企業の財務状況や収益性などから総合的に判断して、債務の返済能力を格付します。

一般的に、格付が高い社債ほど信用性が高いため、利回りは低くなる傾向にあります。

格付

個人向けマネックス債は、マネックスファイナンス株式会社のMTNプログラムに基づいて発行される社債です。マネックスファイナンス株式会社のMTNプログラムは、株式会社日本格付研究所(JCR)から「BBB」の格付を取得しています。

JCRによる格付事由は次のとおりです。

マネックスグループ(MG)の100%子会社。MTNプログラムや銀行借入などによる資金調達と、グループ内各社への資金供給を担う。

本件は、8月31日付のMTNプログラム更新に伴い格付を見直したもの。今回の更新に伴い、マネックス証券(MS)の保証は無くなり、MG単独による保証となった。本プログラムの格付は、MG による保証を勘案し MG の長期発行体格付と同格としている。

MGはネット証券グループの持株会社。グループ傘下には、中核企業であるMSのほか、米国、香港および豪州のネット証券会社、暗号資産交換業者であるコインチェック(CC)などの子会社を有する。MGの格付は、MSの国内ネット証券として中位にある顧客基盤や、問題のない資本水準などを反映している。持株会社における構造劣後性については、MSとの一体性、ダブルレバレッジの水準などを考慮し、ノッチ差として反映させる必要はないと判断している。MGの直近の連結業績は堅調に推移している。暗号資産市況が好転したことからCCの業績が好調である影響が大きい。21年6月末における連結総資産は1兆4,070億円、連結資本合計は962億円。MSの自己資本規制比率は300.2%と、問題のない水準を維持している。

マネックスファイナンス株式会社のMTNプログラムにより発行された社債には、マネックスグループ株式会社の保証が付されており、MTNプログラムはマネックスグループ株式会社と同等の格付を取得しています。

JCRの格付「BBB」とは、「債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性がある。」を意味しています。

一般的に格付「BBB」以上が投資適格とされています。

信用格付けについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!
格付とは企業の財務内容や業績を分析して、借金を返済する能力を記号で表わしたものです。この記事では格付の意味や格付会社の特徴を紹介しています。これを見れば個人向け社債の投資判断に役立ちます。

マネックス債の買い方

個人向けマネックス債はマネックス証券で販売されます。

個人向けマネックス債は先着順で販売されます。一般的な社債と異なり、申込期間より前に予約することはできません。

人気のある商品ですので、売り切れになりやすい社債です。確実に入手するためには、販売開始時にすぐ申し込んだ方がよいでしょう。

個人向け社債の購入方法について、詳しくは次の記事をご覧ください。

社債とは? わかりやすく種類や購入方法を紹介します
社債投資に関心があるあなたへ。この記事では、個人向け社債の種類や購入方法、株式との違いなどをわかりやすく解説します。

次回の発行

個人向けマネックス債は不定期に発行されています。これまでの個人向けマネックス債発行履歴は次のとおりです。

個人向けマネックス債の発行履歴
発行日名称期間利率
2020年4月30日個人向けマネックス債1.5年年0.60%
2019年1月10日個人向けマネックス債3年年0.50%
2018年10月31日個人向けマネックス債5年年0.60%
2018年9月14日個人向けマネックス債 秋祭り1年年0.10%+α
2018年7月25日個人向けマネックス債3年年0.58%
2018年7月25日個人向けマネックス債1年年0.35%

ユーロ円債

マネックス債はユーロ円債です。

ユーロ円債とは外国債券の一種で、日本国外において円建で発行される外国債券のことをいいます。外国債券ですが円建てで発行されるので、為替変動リスクはありません。

ほかにユーロ円債として発行されているものには、SBIホールディングス社債(SBI債)などがあります。

口コミ

マネックス証券について詳しくは下記の公式サイトをご確認ください。

参考文献

株式会社日本格付研究所 (2021) News Release

コメント