クレディセゾンが個人向け社債を発行します(2021年3月)

クレディセゾンが個人向け社債「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」を2021年3月15日に発行します。この記事では、本社債の特徴や買い方、評判などをご紹介します。

クレディセゾン社債

株式会社クレディセゾンが発行する個人向け社債の概要は、次のとおりです。

クレディセゾン社債の概要
項目内容
名称株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
期間6年
利率年率0.240%(税引前)
発行日2021年3月15日
利払日毎年3月15日と9月15日(年2回)
償還日2027年3月15日
発行価格額面100円につき100円
申込単位10万円単位
格付A+(R&I)
発行額200億円
募集期間2021年3月1日~2021年3月12日

株式会社クレディセゾンは過去にも次の個人向け社債を発行しています。

クレディセゾンが発行した個人向け社債
発行日銘柄期間利率
2019年10月31日第78回7年0.230%
2019年3月15日第73回10年0.480%
2019年1月31日第72回10年0.480%
2018年7月31日第70回5年0.180%
2017年5月31日第62回5年0.160%
2016年4月28日第58回5年0.300%
2016年1月29日第57回5年0.420%
2015年9月25日第56回7年0.538%
2015年7月31日第54回4年0.256%
2014年7月31日第52回10年0.826%
2014年1月31日第49回10年0.904%

株式会社クレディセゾンが法人向けに発行した社債もご覧になりたい場合は、下記の公式サイトをご覧ください。

公式 社債・格付情報 | IR情報 | クレディセゾン 企業・IR情報

株式会社クレディセゾン

「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の発行体(債券の発行元)は、株式会社クレディセゾンです。

株式会社クレディセゾンはセゾンカードを発行するクレジットカード会社で、流通系カード会社では最大手です。

クレジットカード以外にプリペイドカードも発行していて、mijicaなどのプリペイドカードの業務受託も行っています。

会社概要
商号株式会社クレディセゾン
設立1951年5月1日
資本金759億2,900万円
株主数13,781人
上場市場東京証券取引所第1部
証券コード8253
事業内容ペイメント、リース、ファイナンス、不動産関連、エンタテインメント

※2020年3月31日現在

2020年3月期における株式会社クレディセゾンの連結業績は次のとおりです。

連結業績(2020年3月期)
純収益3,114億1,000万円
事業利益361億8,400万円
税引前利益274億5,800万円
当期利益226億4,500万円

利回り

「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の利率は年率0.240%(税引前)です。

社債間限定同順位特約

「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」には担保がありません。

ただし、社債間限定同順位特約が付いていますので、もし株式会社クレディセゾンが担保付きの社債を発行する場合は、「株式会社クレディセゾン 第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」にも担保が付きます。

格付

R&I(格付投資情報センター)による「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の格付は「A+」です。

格付「BBB」以上が投資適格とされています。

R&Iによる格付事由は次のとおり。

大手クレジットカード会社。カードは幅広い業種の有力企業と提携している。新規会員の募集力に優れ、強固な営業基盤を構築している。リース、ファイナンス、不動産、エンタテインメントなどの事業も手掛け、近年はアジア展開を加速している。事業領域の拡大に精力的でカード会社の中ではリスク選好度は比較的高い。

2018年の新基幹システム完成と2020年の子会社キュービタスの吸収合併によって、商品・サービス展開の自由度やプロセシング受託の競争力が向上している。新システムの償却負担が続き、基礎的な利益によるコスト吸収力は格付対比でやや低い水準にある。顧客基盤を拡充して、収益力の改善につなげていけるか見守る。

リスク耐久力は格付に十分見合う。資本の充実度が高いほか、与信ポートフォリオが小口分散しており、信用リスクは比較的小さい。適切に資本を配布するALM(資産・負債の総合管理)によりリスクをコントロールしている。金融機関との取引関係は安定しており資金調達に不安はない。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、当面はペイメント事業を中心に取扱高が伸び悩み、営業収益を圧迫する可能性がある。カードショッピングは戻ってきているほか、ファイナンス事業のうち収益貢献度の高い投資用マンションローンなどの残高拡大は続いている。資産の質は比較的良好な状態が維持されており、一定の利益水準は確保できる。コロナ問題が長期化して営業収益の回復が遅れたり、信用コストが膨らんだりすることがないか注視していく。

株式会社格付投資情報センター(2021)「NEWS RELEASE

格付について詳しくは次の記事をご覧ください。

格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!
格付とは企業の財務内容や業績を分析して、借金を返済する能力を記号で表わしたものです。この記事では格付の意味や格付会社の特徴を紹介しています。これを見れば個人向け社債の投資判断に役立ちます。

販売会社

「株式会社クレディセゾン第85回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」は、次の証券会社で販売しています。

販売会社
金融機関引受金額
SMBC日興証券62億円
三菱UFJモルガン・スタンレー証券45億円
大和証券35億円
岡三証券30億円
東海東京証券10億円
静銀ティーエム証券7億円
SBI証券5億円
FFG証券5億円
ちばぎん証券1億円

販売会社によって引受金額が異なります。引受金額が大きい金融機関ほど購入しやすくなります。

個人向け社債の購入方法について、詳しくは次の記事をご覧ください。

社債とは? わかりやすく種類や購入方法を紹介します
社債投資に関心があるあなたへ。この記事では、個人向け社債の種類や購入方法、株式との違いなどをわかりやすく解説します。

SMBC日興証券

SMBC日興証券はオンライントレードでも取り扱っています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券はオンライントレードでも取り扱っています。

大和証券

大和証券はオンライントレードで取り扱っていません。「ダイワ・コンサルティング」コースなら本・支店・営業所、「ダイワ・ダイレクト」コースならコンタクトセンターで取り扱っています。

評判

コメント