フィンランド地方金融公社とは

フィンランド地方金融公社証券

フィンランド地方金融公社(MuniFin)とは、フィンランド最大の信用機関です。日本ではブラジルレアル建債券やトルコリラ建債券、仕組債の発行体として知られています。この記事では本公社についてご紹介します。

フィンランド地方金融公社とは

フィンランド地方金融公社とはフィンランド最大の信用機関のひとつで、フィンランドの公共部門の金融および金融リスク管理を専門とする唯一の機関です。

フィンランド地方金融公社の融資はフィンランドの自治体、その過半数を所有する企業、非営利住宅企業に限定されています。

次の公的機関がフィンランド地方金融公社の株式を100%保有しています。

  • 地方自治体
  • フィンランド政府
  • Keva(フィンランド最大の年金基金)

1989年に地方自治体年金基金によって旧フィンランド地方金融公社が設立されました。2001年にはフィンランド地方金融公社とフィンランド地方住宅金融公社が合併し、現在のフィンランド地方金融公社となりました。

資金調達の主要通貨はユーロです。ほかの通貨による調達は、格付けの高い相手方をスワップの取引先としてユーロに変換しています。

英語でフィンランド地方金融公社を「Municipality Finance」といい、MuniFin(ミュニフィン)と略されて呼ばれます。

フィンランド地方金融公社の概要
項目内容
名称フィンランド地方金融公社
英語名Municipality Finance
略称MuniFin
所在地ヘルシンキ
URLhttps://www.munifin.fi/

格付

ヘルシンキ大聖堂

フィンランド地方金融公社は、ムーディーズとS&Pから高い信用格付を付与されています。

フィンランド地方金融公社の格付
格付機関格付
ムーディーズAa1
S&PAA+

フィンランド地方金融公社の信用格付は、日本国債の格付「A1/A+」を大きく上回っています。ただし、スウェーデン地方金融公社ノルウェー地方金融公社よりは劣っています。

格付について詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!

フィンランド地方金融公社の信用格付について、詳しくは公式サイトでご確認ください。

公式 Key figures and annual reports – MuniFin

仕組債

フィンランド地方金融公社は、次のような仕組債を発行しています。

仕組債の概要
項目内容
名称フィンランド地方政府保証機構保証付 フィンランド地方金融公社
2025年4月1日満期 円建 早期償還条項付 日経平均株価連動債券
期間5年
売出期間2020年3月23日~3月27日
販売会社SMBC日興証券

本仕組債の利率は期間と条件によって異なります。

利率
期間条件利率
当初3か月
(固定利率)
8.53%
以降4年9か月
(変動利率)
利率判定評価日の日経平均株価終値が
利率判定水準以上の場合
8.53%
利率判定評価日の日経平均株価終値が
利率判定水準未満の場合
0.10%

※利率は年率(税別)

評判

北欧諸国にはフィンランド地方金融公社のみならず、次の地方金融公社があります。

これらの地方金融公社も、日本においてさまざまな債券を発行しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント