不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」

不動産 証券

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」の募集を開始しました。

CREAL(クリアル)とは

CREAL(クリアル)とは、1口1万円から不動産に投資ができて、申込や契約、分配金支払いなどのやりとりがすべてオンライン上で完結できる不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の投資家から集めた資金をもとに現物不動産に投資を行い、運用益や売買差益を投資家に分配する仕組みです。

あらかじめ不動産ポートフォリオが組まれているJ-REIT(不動産投資信託)と違い、不動産投資型クラウドファンディングでは、数多くの異なる不動産の中から投資家自身で投資する不動産物件を選ぶことができます。

少額から投資可能

クリアルは1口1万円と少額から投資できるので、投資初心者の方でも気軽に始めることができます。

少額から投資できるので、複数の不動産物件に分散投資して、自分だけのオリジナル・ポートフォリオを組むことができます。

クリアな物件詳細情報

クリアルでは、不動産投資において重要な判断基準となる不動産物件の所在地や立地環境はもちろん、豊富なデータや画像、動画で物件の詳細が開示されています。

豊富な情報の中から投資対象物件を選定し、納得したうえで投資判断をすることができます。

安定的なリターン

投資家は資産が優先的に保全される優先出資者となり、クリアルもプロジェクトの一部を出資して、双方の資金をもとに投資対象の不動産を取得します。

賃料収益や売却益など投資した不動産から得られた利益は、想定利回りを上限として投資家へ優先的に分配されます。

もし損失が発生した場合はクリアル出資分から減額されますので、クリアル出資分を超える減額がなければ投資家の元本は守られます。

CREALの優先劣後出資

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、不特定多数の人がインターネットを通じて現物不動産を資産とするファンドの運用を支援する仕組みです。

平成29年に不動産特定共同事業法が改正されて、現物不動産ファンドのクラウドファンディングが可能になりました。

不動産特定共同事業法とは、出資を募って不動産を売買・賃貸し、その収益を分配する事業を行う事業者について許可制度を実施し、業務の適正な運営の確保と投資家の利益の保護を図る法律です。

クリアルは不動産特定共同事業法に基づいた不動産クラウドファンディングサービスです。

投資型クラウドファンディングの市場規模は急拡大していて、2016年と比較して2017年のマーケット規模は約2.3倍の1,700億円超となっています。2018年度の見込み額は、2,000億円を超えるという予想がされています。

クラウドファンディングの市場規模

CREALの手数料

クリアルは口座の開設費用や維持手数料は一切かかりません。

口座へ入金するときの振込手数料は投資家側の負担となります。クリアルの口座は楽天銀行なので、楽天銀行の口座を持っている方なら振込手数料は無料になります。

口座から出金するときの払戻手数料は258円(税込)となります。

CREALの分配金にかかる税金

不動産投資型クラウドファンディングの分配金は、雑所得として総合課税の対象となります。

支払われる分配金には、20.42%の所得税・復興特別所得税が源泉徴収されています。

給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える場合は、確定申告をしなければなりません。20万円を超えていなければ、確定申告は不要です。

これらはクリアルに限らず、不動産投資型クラウドファンディングで共通です。

CREALの口座開設方法

クリアルの口座開設は、次の2段階に分かれています。

CREALの口座開設
登録登録する情報
会員登録メールアドレス
投資家登録氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、本人確認書類

会員登録と投資家登録に費用はかからず、無料です。

会員登録はメールアドレスだけで簡単に登録できます。個人情報は必要ありません。

無料会員登録することで、投資物件ファンドの詳細画面を見られるようになります。

実際にファンドへ投資するには、投資家登録も必要です。投資家登録するには、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号に加えて、パスポートなど本人確認書類の写真も登録する必要があります。

CREALで現在募集中のファンド

現在、クリアルでは次のファンドを募集中です。

CREAL浅草ホテルファンド

浅草ホテルファンドは株式会社アマネクが運営を行う宿泊施設である「ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ」の土地および建物を取得・運用します。

アマネク吾妻橋は外国人旅行者に人気の高い浅草エリアに位置し、東京スカイツリーにも徒歩7分でアクセスできる優れたロケーションにあります。

2018年4月18日開業の新しいホテルで、開業3か月目から90%を超える稼働率で運営されています。

CREAL浅草ホテルファンドの概要
物件名ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ
所在地東京都墨田区吾妻橋2丁目16-6
想定利回り年利4.2%
最小投資口数1口(10,000円)
想定運用期間24か月
募集金額8億8千万円
初回配当日2019年2月28日(以降毎月配当)
募集期間2018年12月3日~12月27日

クリアルはYouTubeに公式チャンネルがあり、物件情報も公開されています。

CREAL(クリアル)第1号案件「浅草ホテルファンド」

「ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ」に5万円以上の投資をした投資家には、アマネクが運営しているすべてのホテルが10%オフで利用できる特典もあります。

株式会社アマネクが運営しているホテルは次の3つです。

  • ホテルアマネク銀座イースト
  • ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ
  • ホテルアマネク浅草駅前

この特典はファンドの運用期間中(2年間)はずっと使えます。

CREALオープニングキャンペーン

2018年12月3日~12月27日の期間中、投資申込金額の最大2%が還元されるCREALオープニングキャンペーンが実施されています。

CREALオープニングキャンペーン
投資申込金額還元額
10万円以上30万円未満1%
30万円以上2%

還元額は100万円が上限です。

実質利回りが2%も上がるので狙い目です。

不動産物件の詳細な情報については、下記の公式サイトで確認してください。

≫ CREAL

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント