北陸電力株式会社が個人向け社債を発行します【第335回】2019年12月

電気証券

北陸電力株式会社が個人向け社債「北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)」を2019年12月25日に発行します。電力債は担保が付いているうえ、10万円から買えるなど、社債入門者におすすめの債券です。

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)

北陸電力が今回発行する個人向け社債「北陸電力株式会社 第329回社債(一般担保付)」の概要は、次のとおりです。

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)
項目内容
名称北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)
期間約4年
利率年率0.16%(税引前)
発行日2019年12月25日
利払日毎年6月20日と12月20日(年2回)
償還日2023年12月20日
発行価格額面100円につき100円
申込単位10万円単位
募集期間2019年11月29日~2019年12月24日
発行総額100億円
格付A+(R&I)

利率は年0.16%

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)の利率は、年0.16%(税引前)です。

毎年6月20日と12月20日の年2回に分けて利払いが行われます。初回の利払日は2020年6月20日となります。

10万円から買える

一般的な社債は100万円単位で購入できます。個人にとっては、まとまった資金が必要となります。しかし、電力会社が発行する電力債は10万円単位で購入できるものがほとんどです。

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)も10万円単位で買えるので、個人で買いやすい社債となっています。

担保が付いている

一般的な社債は担保が付いていません。しかし、電力会社が発行する電力債には担保が付いています。北陸電力株式会社 第335回社債にも一般担保が付いています。

一般担保付社債とは、他の債権者よりも優先して弁済が受けられる権利が付いた社債です。

電力会社の中でも高い格付

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)は、格付機関である格付投資情報センター(R&I)から「A+」の格付を付されています。

公式 北陸電力の第334回、第335回社債(一般担保付)をA+に格付

格付「BBB」以上の債券が投資適格とされています。

北陸電力株式会社の発行体(債券の発行元)格付は、電力会社の中でも高い方に位置します。

R&Iによる電力会社の発行体格付
発行体格付電力会社
AA沖縄電力
A+東北電力
北陸電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力
A北海道電力
九州電力
BBB+東京電力ホールディングス
東京電力パワーグリッド

格付の意味や見方について詳しくは、次の記事をご覧ください。

関連記事 格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!

社債の中でもリスクが低い電力債

北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)は、電気事業法第27条の30に基づいて発行されている電力債(一般担保付社債)です。

一般担保付社債とは、他の債権者よりも優先して弁済が受けられる権利が付いた社債です。

社債の発行元である企業が破綻した場合、社債の種類によって弁済順位が異なります。具体的には、次の順序となっています。

  1. 一般担保付社債(電力債)
  2. 無担保社債
  3. 劣後債

企業が発行するほとんどの社債は無担保社債です。銀行などの一部金融機関は劣後債も発行しています。電力債はその中でも高い弁済順位を誇っていて、リスクが低い社債となっています。

電力債について詳しくは、次の記事をご覧ください。

関連記事 電力債とは? 【一般担保や購入方法を解説】利回りと格付けの比較

関連記事 関西電力の個人向け社債

北陸電力とは

「北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)」の発行体(債券の発行元)は、北陸電力株式会社です。

北陸電力株式会社は富山県、石川県、福井県の北陸3県を主な事業地域とする電力会社で、「りくでん」とも呼ばれています。

北陸だけでなく首都圏も営業地域としていて、東京電力より安い電気料金で一般家庭に電力を供給しています。

北陸電力に現在稼働中の原子力発電所はありません。

会社概要
会社名北陸電力株式会社
設立1951年5月1日
資本金1,176.4億円
売上高連結 622,930百万円(2019年3月期)
上場市場東証1部
証券コード9505

北陸電力が過去に発行した個人向け社債

北陸電力は過去にも次の社債(電力債)を発行した実績があります。

北陸電力が発行した個人向け社債
銘柄発行日利率期間
第329回社債(一般担保付)2018年12月17日0.16%4年

販売会社

次の証券会社で北陸電力株式会社 第335回社債(一般担保付)を販売しています。

北陸電力株式会社第335回社債(一般担保付)の販売会社
販売会社引受金額
大和証券29億円
SMBC日興証券20億円
野村證券20億円
みずほ証券20億円
三菱UFJモルガン・スタンレー証券8億円
今村証券1億5千万円
岡三証券1億円
東海東京証券5千万円

各証券会社ごとに社債の割り当て数が異なるので、入手が困難な証券会社もあります。

株式は購入に手数料がかかり、その手数料は証券会社によって異なりますが、社債の購入に手数料はかかりませんので、どこの証券会社で買っても同じです。

個人向け社債の買い方や注意事項について、詳しくは次の記事をご覧ください。

社債とは? わかりやすく種類や購入方法を紹介します
社債投資に関心があるあなたへ。この記事では、個人向け社債の種類や購入方法、株式との違いなどをわかりやすく解説します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント