マネックスファイナンスが豪ドル建て社債を発行します 2021年10月

マネックスファイナンス株式会社が豪ドル建ての個人向け社債を2021年10月12日に発行します。この記事では、本社債の特徴や買い方についてご紹介します。

マネックスファイナンス豪ドル建て債券

マネックスファイナンス豪ドル建て債券の概要は次のとおりです。

社債概要
項目内容
名称マネックスグループ株式会社保証付
マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建債券
発行体マネックスファイナンス株式会社
利率年2.67%(税引前)
期間5年
通貨オーストラリアドル
発行日2021年10月12日
利払日10月13日(年1回)
償還日2026年10月13日
申込単位額面1,000豪ドル
格付BBB(JCR)
申込期間2021年9月22日~2021年10月12日

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」の申込単位は額面1,000豪ドルです。

2021年9月29日時点で1オーストラリアドルは80.74円なので、1,000豪ドルは80,740円となります。

受取通貨を日本円と豪ドルから選べる

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」は豪ドル建ての債券なので、本来は利金や償還金をオーストラリアドルで受け取ることになります。

ただし、マネックス証券では本債券の利金や償還金を日本円で受け取るか、豪ドルで受け取るかを選ぶことができます。

利率

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」の利率は、年1.67%(税引前)です。

多くの社債では、利払いが年2回であることが多いのですが、本債券の利払いは年に1回です。

マネックスグループ株式会社の保証付

発行体はマネックスファイナンス株式会社ですが、「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」には親会社であるマネックスグループ株式会社の保証が付いています。

マネックスグループ株式会社は、マネックス証券を中核とするマネックスグループの金融持株会社です。

マネックスグループの傘下には、次のような会社があります。

マネックスグループ
企業業務
マネックスグループ金融持ち株会社
マネックス証券オンライン証券会社
マネックス・アセットマネジメント資産掲載・運用サービス
マネックスファイナンス資金の調達・供給
マネックスクリプトバンク仮想通貨の調査、研究、企画、開発、コンサルティング
マネックスSP信託管理型信託
TradeStation Group, Inc.米国のオンライン証券会社
マネックスBoom証券香港のオンライン証券会社
マネックスオーストラリア証券オーストラリアのオンライン証券会社
コインチェック仮想通貨取引所
マネックスベンチャーズベンチャーキャピタル

豪ドルの為替手数料

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」は豪ドル建てなので、取引の際に為替手数料が70銭かかります。

本債券の申込単位は額面1,000豪ドルなので、少なくとも700円の為替手数料がかかります。

販売

発行体はマネックスファイナンス株式会社ですが、「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2024年9月18日満期 豪ドル建社債」は、マネックス証券で販売しています。

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」について詳しくは、公式サイトでご確認ください。

マネックスファイナンスとは

「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2026年10月13日満期 豪ドル建社債」の発行体(債券の発行元)は、マネックスファイナンス株式会社です。

マネックスファイナンス株式会社とは、マネックスグループの資金調達を行う会社です。

マネックスファイナンス株式会社が発行する社債で集めた資金は、親会社であるマネックスグループ株式会社や、その子会社であるマネックス証券株式会社などに貸し付けられます。

マネックスファイナンスは「マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2024年9月18日満期 豪ドル建社債」のほかにも次のような個人向け社債を発行しています。

個人向けマネックス債が発行されます 2021年10月12日発行 利率0.7%
マネックスファイナンス株式会社が社債「個人向けマネックス債」を2021年10月12日に発行します。利率は0.7%で期間は5年です。
個人向けマネックス債 夏祭り 2021年(気温参照型)が販売されます
「個人向けマネックス債 夏祭り」が2021年8月2日に発行されます。東京における2021年8月2日から8月30日までの猛暑日(最高気温35度以上)日数に応じて利率が決まるというユニークな個人向け社債となっています。

過去に発行した豪ドル建て債券

マネックスファイナンスは過去にも次の豪ドル建て社債を発行しています。

マネックスファイナンスの豪ドル建て社債
銘柄利率期間
2025年6月19日満期 豪ドル建社債1.665%5年
2024年9月18日満期 豪ドル建社債2.000%5年

格付

マネックスグループは日本格付研究所(JCR)からBBBの格付を取得しています。

格付「BBB」以上が投資適格とされています。

JCRによる格付事由は次のとおりです。

マネックスグループ(MG)はネット証券グループの持株会社。グループ傘下には、中核企業であるマネックス証券(MS)のほか、米国、香港および豪州のネット証券会社、暗号資産交換業者であるコインチェック(CC)などの子会社を有する。格付は、MSの国内ネット証券として中位にある顧客基盤や、問題のない資本水準のほか、改善の余地がある収益力を反映している。持株会社における構造劣後性については、MSとの一体性、ダブルレバレッジの水準などを考慮し、ノッチ差として反映させる必要はないと判断している。マネックスファイナンスは、資金調達とグループ内各社への資金供給を担うMGの100%子会社。MTNプログラムには MGとMSによる保証が付されている。

格付について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!
格付とは企業の財務内容や業績を分析して、借金を返済する能力を記号で表わしたものです。この記事では格付の意味や格付会社の特徴を紹介しています。これを見れば個人向け社債の投資判断に役立ちます。

参考文献

株式会社日本格付研究所 (2020) News Release

コメント