楽天ボラティリティ・ファンドはVIXの売りと買いを併用する投資信託

インデックス証券

楽天ボラティリティ・ファンドとは、平常時にVIX(恐怖指数)を売り、相場急落時にVIXを買うというユニークな戦略を採る投資信託です。このブログでは、本ファンドの仕組みをわかりやすくご紹介します。

VIXとは

VIXとは、市場参加者が予想するS&P500指数の将来のボラティリティをシカゴ・オプション取引所が数値化したものです。

ボラティリティとは変動幅の大きさのことです。

相場の先行きに不確実性が高まるほど、VIXは上昇します。リーマン・ショックや新型コロナウィルス感染症拡大のときに、VIXは大きく上昇しました。

VIXはシカゴ・オプション取引所に先物として上場されているので、VIX先物を売買することができます。

ただし、いつか来るであろう恐慌に備えてVIXを買い持ちしておく戦略はうまくいきません。なぜなら、平常時にVIXは緩やかに下降する性質があるからです。

VIXを買い、その数年後に相場の大暴落が来たとしても、その数年間にVIXはだいぶ下がっています。その後VIXが急上昇しても、買値までは上がらないことも多々あります。

楽天ボラティリティ・ファンド

楽天ボラティリティ・ファンドでは、このVIXの性質を利用した戦略を採っています。

平常時にはVIX先物を売り持ちすることにより、VIXの下降による収益を得ます。

いざ市場に異変が起こると買い持ちに切り替えることにより、相場暴落時には株式等のリスク資産に対するヘッジ効果が得られます。

実際に2020年3月の新型コロナウィルス感染症拡大で相場の先行きに不確実性が高まったとき、楽天ボラティリティ・ファンドの基準価額が大きく上昇しました。

楽天ボラティリティ・ファンド

楽天ボラティリティ・ファンドは2014年4月23日に設定されました。それ以来リーマン・ショック級の暴落が起きていなかったのですが、今回の新型コロナウィルス感染症拡大により、買い持ち切り替えに成功しました。

楽天ボラティリティ・ファンドには毎月分配型と資産成長型の2種類あり、それぞれ決算頻度が異なります。

ファンド概要
項目毎月分配型資産成長型
愛称楽天ボルティ
委託会社楽天投信投資顧問
投資対象資産VIX先物
投資対象地域グローバル(日本を含む)
投資形態ファンド・オブ・ファンズ
為替ヘッジあり(一部ヘッジ)
決算頻度年12回(毎月)年2回
購入時手数料なし
信託財産留保額0.5%
信託報酬0.93%(税抜)
成功報酬ハイ・ウォーターマーク超過額の10%(税抜)
総経費率1.30%1.33%

分配金

楽天ボラティリティ・ファンドには毎月分配型と資産成長型の2種類あり、それぞれ決算頻度が異なります。

毎月分配型

楽天ボラティリティ・ファンド(毎月分配型)は毎月12日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配を行います。

楽天投信投資顧問が基準価額や市況動向を勘案して、収益分配額を決定します。

毎月分配型の分配金
期間分配金
第66期2019年9月13日~10月15日150円
第65期2019年8月14日~9月12日150円
第64期2019年7月13日~8月13日150円
第63期2019年6月13日~7月12日150円
第62期2019年5月14日~6月12日150円
第61期2019年4月13日~5月13日150円

「毎月分配型」という名前や毎期の分配金が一定であることから分かるとおり、楽天ボラティリティ・ファンド(毎月分配型)は利益を分配するのではなく、ファンドの純資産(元本)を取り崩して分配金を支払うタイプの投資信託です。

そのため、分配金を支払う度に投資信託の純資産が減っていきます。

資産成長型

楽天ボラティリティ・ファンド(資産成長型)は毎年4月12日と10月12日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配を行います。

資産成長型の分配金
期間分配金
第11期2019円4月13日~12019円0月15日0円
第10期2018年10月13日~2019年4月12日0円
第9期2018年4月13日~2018年10月12日0円
第8期2017年10月13日~2018年4月12日0円

楽天ボラティリティ・ファンド(資産成長型)は年2回決算を行うのですが、楽天投信投資顧問はあえて分配金を出していません。投資信託の純資産を取り崩してまで分配金を支払わない方針です。

成功報酬がかかる

投資信託としては珍しく、楽天ボラティリティ・ファンドには成功報酬額があります。

信託報酬に加えて、ハイ・ウォーターマーク方式を用いた成功報酬額を委託会社(楽天投信投資顧問)が徴収します。

成功報酬額は毎営業日に当該営業日の基準価額が、その時点のハイウォーターマークを超えた場合に、その超過額に10%(税抜)を乗じた額となります。

ファンド・オブ・ファンズ

楽天ボラティリティ・ファンドはファンド・オブ・ファンズの投資形態をとっています。

直接VIX先物等を売買するのではなく、楽天ボラティリティ・ファンド(適格機関投資家専用)や上場投資信託(ETF)に投資しています。

そのため、楽天ボラティリティ・ファンドが投資する投資信託にも年0.057%程度の信託報酬がかかります。

販売会社

楽天ボラティリティ・ファンドは次の金融機関で販売しています。

販売会社
販売会社毎月分配型資産成長型
SBI証券
岡三オンライン証券
ジャパンネット銀行
スルガ銀行×
楽天証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント