USA360(楽天・米国レバレッジバランス・ファンド)投資信託

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)証券

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)は、米国の株式と国債を対象とする投資信託です。株式に90%、国債に270%の合計360%投資することにより3.6倍のレバレッジをかけているのが特徴です。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)の資産配分

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)は次の割合で米国の株式と国債に投資します。

USA360の資産配分
項目割合
米国株式90%
米国国債270%
合計360%

米国株式へはVanguard Total Stock Market ETF(VTI)で投資

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)は投資元本の90%を米国株式へ投資しています。

株式への投資は、米国ETF(上場投資信託)の「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」を通じて行います。バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は、CRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する投資成果を目指すETFです。

ETFを通じて投資するため、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)の信託報酬とは別に、ETFの管理報酬(年率0.03%)がかかります。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を投資対象とする投資信託には、ほかにも次のものがあります。

米国債先物で270%のレバレッジ

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)では先物取引を利用して、実質的に投資信託の純資産額の270%程度を米国債へ投資します。

USA360の手数料

次の金融機関で楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)には次の手数料がかかります。

USA360の手数料
項目内容
購入時手数料3.00%(税抜)を上限として販売会社が定める
信託財産留保額なし
信託報酬年率0.425%

USA360のシミュレーション

楽天投信投資顧問のシミュレーションによると、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)の戦略で投資すると、運用期間の30年で資産が約112倍に増える計算となっています。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)のシミュレーション

これはバックテストの結果であり、USA360投資信託の運用実績ではありません。

為替ヘッジなし

楽天・米国レバレッジバランス・ファンドの投資対象は米国の株式と国債であり、どちらも米ドル建て資産です。

USA360では為替ヘッジを行っていませんので、米ドルの為替レートによって日本円での基準価額に影響を受けます。

つみたてNISAには対応していない

つみたてNISAは投資信託で得た利益に税金がかからないお得な制度ですが、対象となる商品が限られています。

2019年11月現在、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)は「つみたてNISA」の対象商品ではありません。

USA360の買い方

次の金融機関で楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)を販売しています。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 三井住友信託銀行
  • 楽天証券

SBI証券

SBI証券では楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)の購入時手数料はありません(ノーロード)。月100円から積立投資もできます。

楽天証券

楽天証券では楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)の購入時手数料はありません(ノーロード)。月100円から積立投資もできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント