DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)とは

ブル証券

DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)とは米国の株価指数であるS&P500の3倍の値動きをする上場投資信託です。ただし、厳密には3倍の値動きをするわけではなく、減価します。本ETFの特徴をご紹介します。

DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)

DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)とは、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の日次投資効果を目指すETF(上場投資信託)です。

銘柄概要
銘柄名Direxion Daily S&P 500 Bull 3X Shares
シンボルSPXL
上場市場NYSE Arca
ベンチマークS&P500
運用会社Direxion Investment
管理報酬年率0.95%
設定日2008年11月5日

公式 S&P 500 Bull and Bear 3X ETF | SPXL, SPXS Funds | Direxion

The Direxion Daily S&P 500® Bull and Bear 3X Shares Leverage ETFs

複利効果で実際には3倍以上の値動きをする

DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)は、S&P500の日次の3倍の値動きをする3倍ブル型ETFです。

ここでのポイントは日次の3倍ということであり、2日以上の期間でみると3倍ではないということです。

たとえば、S&P500が2日間続けて1%上昇した場合は、当初の2.01%上昇となります。

1% × 1% = 2.01%

日次で3倍だと、当初の6.09%上昇となります。

3% × 3% = 6.09%

注目すべきなのは、2.01%の3倍である6.03%ではなく、3倍を超える6.09%の価格変動になるということです。

これを「複利効果」と呼びます。

S&P500が上昇する場合だけでなく、下落する場合も同様に3倍以上変動します。

長期的には減価する

これだけであれば、上昇と下落ともにS&P500の3倍以上の値動きをするETFということで、メリットとデメリットが相殺されます。

しかし、DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)には致命的な欠陥があります。

たとえば、S&P500が1%上昇したのち、1%下落した場合は、当初の0.01%下落します。

+1% × -1% = -0.01%

日次で3倍だと、当初の0.09%下落します。

+3% × -3% = -0.09%

下落したのち上昇する場合も同様です。

-1% × +1% = -0.01%
-3% × +3% = -0.09%

つまり上昇と下落を繰り返すと、S&P500よりも3倍ブルの方が下落率が高くなります。

これを「減価」といいます。

S&P500は上昇と下落を繰り返すので、長期的にみるとDirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)は減価していきます。

管理報酬も高い

DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)の管理報酬は年率0.95%です。

3倍ブル型ETFとはいえ、S&P500のETFとしては管理報酬が高すぎます。

DirexionデイリーS&P500ベア3倍ETF(SPXS)

DirexionデイリーS&P500ベア3倍ETF(SPXS)とは、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍逆の日次投資効果を目指すETF(上場投資信託)です。

ベア型という点を除けば、DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)と同じです。

銘柄概要
銘柄名Direxion Daily S&P 500 Bear 3X Shares
シンボルSPXS
上場市場NYSE Arca
ベンチマークS&P500
運用会社Direxion Investment
管理報酬年率0.95%
設定日2008年11月5日

長期投資にはおすすめしない

短期間の上昇や下落を狙ってに投資するのは構いませんが、長期投資ならDirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL)やDirexionデイリーS&P500ベア3倍ETF(SPXS)はおすすめしません。

S&P500の3倍ブル/ベア型ETF
長期的には減価する
管理報酬が高い

モトリーフール

コメント