振込手数料が無料になる銀行とその条件

貯金箱銀行

銀行の振込手数料が高くてお悩みなあなたへ。この記事では、振込手数料が無料の銀行をご紹介します。振込手数料がかからないようにするには、いくつか条件があります。これを見れば、無料で振込ができます。

振込手数料が無料になる銀行

超低金利が続いている現状、銀行の預金金利は雀の涙ほどです。

銀行選びは金利ではなく手数料の安さで選びましょう。

銀行によっては振込手数料が無料になるところもあります。

振込手数料が無料になる銀行
銀行おすすめ度
野村信託銀行5.0
大和ネクスト銀行4.5
オリックス銀行4.0
住信SBIネット銀行3.5
新生銀行3.0
GMOあおぞらネット銀行3.0
あおぞら銀行BANK支店2.5
スルガ銀行2.5
auじぶん銀行2.0
楽天銀行1.5
みずほ銀行1.0
SMBC信託銀行1.0

野村信託銀行

野村信託銀行は他行宛ての振込手数料が月10回まで無料です。

とくに条件はなく、野村信託銀行に口座さえ持っていれば誰でも適用されます。

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行では、自分名義であれば他行宛て振込手数料が何度でも無料です。他人名義なら月3回まで無料です。

大和ネクスト銀行の他行宛て振込手数料
振込先名義振込手数料
自分名義何回でも無料
他人名義月3回まで無料

オリックス銀行

オリックス銀行は他行宛ての振込手数料が月2回まで無料です。

オリックス銀行の振込手数料(税込)
振込先振込手数料
オリックス銀行無料
他行440円(月2回まで無料)

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では、振込先も住信SBIネット銀行の口座であれば、振込手数料が無料です。

ただし、住信SBIネット銀行の口座を持つ法人や個人は稀なので、あまり活用できないかもしれません。

住信SBIネット銀行にはスマートプログラム(スマプロ)というサービスがあり、月ごとの利用状況に応じて4つのランクに分けられます。

住信SBIネット銀行の振込手数料
条件振込手数料
なし月1回無料
月末残高30万以上月3回無料
月末残高300万以上月7回無料
外貨預金と仕組預金の月末残高合計500万以上月15回無料

住信SBIネット銀行では、無条件で他行宛て振込手数料が月1回無料になります。

振込手数料無料のハードルが低い

ミライノカードに入会して、引き落とし口座を住信SBIネット銀行口座に設定すると、基本ランクから2ランクアップします。

ミライノカードについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

公式 ミライノカード

新生銀行

新生銀行の優遇プログラム「新生ステップアッププログラム」のステージに応じて振込手数料が無料になる回数が決まります。

新生銀行の振込手数料(インターネット)
ステージ振込手数料
スタンダード月1回無料
ゴールド月5回無料
プラチナ月10回無料

スタンダードには無条件でなれますので、少なくとも月に1回は振込手数料が無料になります。

ステージ条件など詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 新生銀行

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行の利用状況によって、他行宛て振込手数料が最大月15回まで無料になります。

GMOあおぞらネット銀行の宛振込手数料
条件他行宛振込手数料
なし月1回無料
外貨普通預金残高30万円以上または
Visaデビット利用額30万円以上(3か月間の合計金額)
月3回無料
外貨普通預金残高300万円以上月7回無料
外貨普通預金残高500万円以上月15回無料

あおぞら銀行BANK支店

あおぞら銀行BANK支店の利用状況によって、他行宛て振込手数料が最大月3回まで無料になります。

あおぞら銀行BANK支店の振込手数料
条件他行宛振込手数料
残高合計500万円以上月2回無料
Visaデビット利用が1回以上月1回無料

スルガ銀行

スルガ銀行には手数料優遇サービス「スルガSTARプログラム」があります。ランクが2ツ星以上になると、インターネットバンキングにおいて他行宛て振込手数料が無料になります。

スルガ銀行の他行宛て振込手数料
ランク振込手数料
2ツ星月5回まで無料
3ツ星月7回まで無料
4ツ星月10回まで無料

スルガSTARプログラムのランクを2ツ星にするためには、次のうちいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 円預金またはローン残高100万円以上
  • SURUGA Visaクレジットの月間利用金額3万円以上

スルガSTARプログラムのランクを3ツ星にするためには、次のうちいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 円預金またはローン残高300万円以上

スルガSTARプログラムのランクを4ツ星にするためには、次のうちいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 円預金またはローン残高1,000万円以上
  • 円預金またはローン残高20万円以上かつデジタル通帳(Webブックフリー)契約

スルガSTARプログラムは最高ランクである4ツ星にするための条件が簡単です。

楽天銀行

楽天銀行で他行宛て振込手数料を無料にするには、まずハッピープログラムに登録します。

ハッピープログラムの登録は無料で、年会費などもかかりません。

ハッピープログラムでは、楽天銀行の利用状況によって5つのステージに分けられます。

このうち、アドバンスト以上のステージになると、他行宛て振込手数料が無料になります。

楽天銀行における振込手数料無料の条件と回数
ステージ条件回数
VIP残高100万以上または
取引20件以上
月3回
プレミアム残高50万以上または
取引10件以上
月2回
アドバンスト残高10万以上または
取引5件以上
月1回
ベーシックなしなし

預金残高10万円以上または取引が月に5件以上の条件を満たせば、月に1回他行宛て振込手数料が無料になります。

これくらいであれば、条件は難しくないでしょう。

預金残高をあまり多く預けておけないという方は、楽天銀行での取引件数を多くすることをおすすめします。

たとえば、次のような取引です。

  • 他行口座からの振込
  • 他行口座への振込
  • ATM入出金
  • 給与または年金の受取り
  • 口座振替(自動引落)

この中で比較的簡単なのは口座振替です。各種料金の自動引落しを楽天銀行にするだけで取引件数が増えます。

預金残高だけでなく取引回数でも振込手数料無料になる

ハッピープログラムに加入すると、これらの取引で楽天ポイントがもらえるようにもなります。

楽天銀行のハッピープログラムについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

みずほ銀行

みずほ銀行では、次のうちいずれかの条件を満たすと、月3回まで他行宛ての振込手数料が無料になります。

  • みずほマイレージクラブカードを年間100万円以上利用
  • 資産運用商品残高100万円以上
  • 借入残高あり

いずれかひとつでも条件を満たせばよいのですが、振込手数料を無料にすることを目的として行うには、どれもハードルが高すぎます。

auじぶん銀行

auじぶん銀行には、商品やサービスの利用状況に応じて特典を受けられる「じぶんプラス」というサービスがあります。

じぶんプラスのステージが+3以上になると、所定の回数まで振込手数料が無料になります。

振込手数料無料回数
じぶんプラス振込手数料無料
+1なし
+2なし
+3月3回まで
+4月8回まで
+5月15回まで

ステージを+3にするためには、預かり資産残高50万円以上が目安となります。

振込手数料が無料になるハードルが高い
振込手数料無料の回数が多い

じぶん銀行について詳しくは、次の記事をご覧ください。

SMBC信託銀行プレスティア

SMBC信託銀行プレスティアは、預入総額1,000万円以上の方に優遇プログラム「プレスティアゴールド」を提供しています。

プレスティアゴールドになると、振込手数料が無料になります。回数制限はありません。

条件が厳しい
回数制限なし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
銀行
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント