楽天カードマン債(楽天カード株式会社第9回無担保社債)が2022年12月16日に発行

楽天カードマン債

楽天カード株式会社が個人向け社債「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)を2022年12月16日に発行します。この記事では本社債の概要と買い方をご紹介します。

楽天カードマン債とは

楽天カード株式会社が発行する個人向け社債の概要は次のとおりです。

社債概要
名称楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
愛称楽天カードマン債
発行体楽天カード株式会社
期間5年
利率年1.20%~1.80%(税引前、仮条件)
発行日2022年12月16日
利払日毎年6月16日と12月16日(年2回)
償還日2027年12月16日
発行価格額面100円に付き金100円
申込単位10万円
格付A-(R&I)、A(JCR)
発行総額500億円
条件決定日2022年12月2日

懸賞付き

楽天ポイントギフトカード

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の購入者の中から、抽選で300名に楽天ギフトカード(30,000円相当)1枚がプレゼントされます。購入金額100万円につき1口として抽選され、重複当選はありません。

発行体

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の発行体(債券の発行元)は楽天カード株式会社です。

会社概要
会社名楽天カード株式会社
設立2001年12月6日
本社所在地東京都港区南青山2-6-21 楽天クリムゾンハウス青山
主な事業クレジットカード、カードローン、信用保証業務
株主楽天株式会社(100%)
営業収益425,070百万円(第22期 2021年12月)
経常収益39,377百万円(第22期 2021年12月)

利率

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の利率は年1.20%~1.80%(税引前)です。これは仮条件で、2022年12月2日に決定する予定です。

格付

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)は以下に示す格付機関から信用格付を2022年12月2日付で取得する予定です。

楽天カードマン債の格付
格付機関格付
R&IA-
JCRA
一般的に信用格付が「BBB」以上の債券が投資適格とされています。

R&Iによる格付事由は次のとおりです。

楽天が100%出資するクレジットカード会社。傘下に銀行、証券、保険会社などグループのフィンテック事業会社を抱える。楽天グループの金融決済機能を担っているほか、顧客の囲い込みに貢献している。グループにおける重要性は高く、格付はグループ全体の信用力をそのまま反映している。

クレジットカードの顧客基盤は大手カード会社と並ぶ。会員数が順調に増え、取扱高は業界平均を大きく上回って成長しており、営業基盤の価値は年々高まっている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響も限定的だ。

取り扱いの増加で収益が向上しているが、会員の獲得や利用促進のための費用も膨らんでおり、収益力は格付対比で低い。リスク耐久力は格付に見合う。資産の質も比較的健全だ。楽天銀行を受け皿とした債権流動化スキームを軸に資金を調達しており、流動性に特段の懸念はない。

出典:株式会社格付投資情報センター(2020)「NEWS RELEASE

JCRによる格付事由は次のとおりです。

楽天の完全子会社のクレジットカード会社。楽天グループのフィンテック事業の事業持株会社として、傘下に銀行、証券、保険などの各社を抱えている。当社は楽天グループと資本、経営、営業、資金調達など各面で密接な関係を構築している。また、楽天グループにおける決済サービスの提供や顧客の囲い込みの役割を担うなど戦略上の重要性が高く、楽天グループとの事業の結び付きは極めて強い。これらを踏まえ、当社の長期発行体格付は、楽天(長期発行体格付:A/ネガティブ)と同格としている。本件はシニア債であり、債券格付は長期発行体格付と同水準とした。

出典:株式会社日本格付研究所(2020)「News Release

信用格付について詳しくは次の記事をご覧ください。

格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!
格付とは企業の財務内容や業績を分析して、借金を返済する能力を記号で表わしたものです。この記事では格付の意味や格付会社の特徴を紹介しています。これを見れば個人向け社債の投資判断に役立ちます。

社債間限定同順位特約

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)には担保がありませんが、社債間限定同順位特約がついています。

社債間限定同順位特約とは、楽天カード株式会社が今後担保付きの社債を発行する場合は、楽天カードマン債にも同様に担保をつけるという特約です。

担保なしの債券より担保つきの債券の方が債権の回収優先順位が高いため、あとから発行された社債によって不利な扱いがされないという保証になります。

実際に担保がつけられることはほとんどなく、楽天カード株式会社が担保つきの社債を発行する意思がないという表明です。

販売会社

以下に示す金融機関で「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)を販売しています。

販売会社
金融機関引受金額
みずほ証券未定
楽天証券未定
大和証券未定
三菱UFJモルガン・スタンレー証券未定

取扱金融機関によって引受金額(販売量)が異なります。引受金額が多い金融機関ほど楽天カードマン債を購入しやすくなっています。

みずほ証券

みずほ証券では「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の買付注文をネット倶楽部でも取り扱っています。

楽天証券

楽天証券では「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の買付注文をインターネット取引でのみ取り扱っています。

大和証券

大和証券では「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の買付けの注文について、インターネット(オンライントレード)では取扱いをしていません。「ダイワ・コンサルティング」コースの場合は本店・支店・営業所で、「ダイワ・ダイレクト」コースの場合はコンタクトセンターで買付注文を取り扱っています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)をネットでも取り扱っています。

発行実績

楽天カード株式会社は過去に以下に示す個人向け社債を発行した実績があります。

社債発行履歴
銘柄発行日期間利率
第4回無担保社債2020年12月23日5年0.49%

評判・口コミ

SNS上での「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の評判や口コミは以下の通りです。

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)は、その名の通り無担保です。そもそも他の債権者より弁済順位が優遇される有担保社債は発行するのが難しく、特別な法律に基づいて電力会社等しか発行できません。

スケジュール

「楽天カード株式会社第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」(愛称:楽天カードマン債)の発行スケジュールは次のとおりです。

スケジュール
  • 2022.12.2
    条件決定
  • 2022.12.5
    募集開始
  • 2022.12.15
    募集終了
  • 2022.12.16
    発行
  • 2023.6.16
    利払い
  • 2023.12.16
    利払い
  • 2024.6.16
    利払い
  • 2024.12.16
    利払い
  • 2025.6.16
    利払い
  • 2025.12.16
    利払い
  • 2026.6.16
    利払い
  • 2026.12.16
    利払い
  • 2027.6.16
    利払い
  • 2027.12.16
    利払い・償還

参考文献

楽天カード株式会社 (2022) 楽天カード、個人向け社債発行を予定
楽天カード株式会社 (2022) 格付・社債情報
楽天カード株式会社 (2022) 会社概要
土屋剛俊 (2017) 入門 社債のすべて 発行プロセスから分析・投資手法と倒産時の対応まで

個人向け社債について詳しくは以下の記事もご覧ください。

社債とは? わかりやすく種類や購入方法を紹介します
社債投資に関心があるあなたへ。この記事では、個人向け社債の種類や購入方法、株式との違いなどをわかりやすく解説します。

楽天カードについて詳しくは次の記事もご覧ください。

「楽天カード」は年会費無料で海外旅行保険が付帯、楽天ポイントも貯まる
楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。 楽天カードとは 楽天カードはJCSI(日本版顧客満足度指数)という顧客満足度調査のク 株式会社GVが2019年に実施した調査によると、クレジットカード利用者の...

楽天証券

コメント