SBI証券の不動産STO(セキュリティトークン公募)のメリットとは

不動産STO不動産

SBI証券が不動産STOの販売を開始しました。STOとは、不動産投資の資金調達をセキュリティトークンで公募することです。不動産STOのメリット等をご紹介します。

不動産STOとは

STとは、セキュリティ・トークンの略称です。株式、社債および不動産等の有価証券を電子的な記録としてデジタル化したもので、ブロックチェーンを介して取引されます。

STOとは、Security Token Offeringの略称で、デジタル証券を活用した資金調達の手段のことです。

金商法

金融商品取引法(金商法)の改正により、電子記録移転有価証券表示権利等と電子記録移転権利が新たに規定されて、セキュリティトークンの金商法上の位置付けが明確化されました。

電子記録移転有価証券表示権利等は金商法第2条第1項証券(第1項有価証券)に該当し、株券や社債券のような有価証券として発行されたセキュリティトークンを指します。

電子記録移転権利は金商法2条2項に規定する「みなし有価証券」(第2項有価証券)に該当し、信託の受益権や集団投資スキーム持ち分などの形態で発行されたセキュリティトークンを意味します。

ブロックチェーン

SBI証券とケネディクスは、三菱UFJ信託銀行が提供するブロックチェーン基盤「Progmat(プログマ)」を活用して、受益証券発行信託スキームを用いた資産裏付型セキュリティトークンの公募について協業しています。

各社の役割分担
企業役割
三菱UFJ信託銀行ブロックチェーン基盤「Progmat」のシステム提供・保守
受益証券発行信託の受託業務(資産裏付型STの名簿管理を含む)
資産裏付型STのカストディ業務(秘密鍵の管理等)
SBI証券資産裏付型STの取扱い業務
資産裏付型STの保護預り業務
ケネディクス原資産となる不動産の拠出(オリジネーター)
対象資産のアセットマネジメント業務
対象資産に係る投資家向け情報開示業務

日本STO協会

一般社団法人日本STO協会は、金融商品取引法(金商法)第78条第1項の規定に基づき、金融庁から認定金融商品取引業協会として認定を受けた自主規制機関です。

自主規制業務等を通じて、電子記録移転権利をはじめとするセキュリティトークンの取引を公正・円滑にすることを目的としています。

次の企業が正会員として日本STO協会に加入しています。

ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南(譲渡制限付)

SBI証券では不動産STOの第1弾として「ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南(譲渡制限付)」を販売しています。

STO概要
銘柄名ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南(譲渡制限付)
(信託法に従って設定される信託の優先受益権)
信託委託者株式会社DS1
信託受託者三菱UFJ信託銀行株式会社
アセット・マネージャケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社
投資対象物件KDXレジデンス渋谷神南
発行口数1,453口
発行予定価格1口あたり100万円
申込単位2口以上1口単位
予想分配金2022年1月期:16,767円/口 年率3.35%(税引前)
2022年7月期:17,500円/口 年率3.50%(税引前)
配当支払日各計算期日(1月及び7月の各末日=権利確定日)の1カ月後の応答日
発行決定日・抽選日2021年8月2日
購入意思表示期間2021年8月3日~2021年8月6日
払込日2021年8月11日
受渡日2021年8月12日
償還予定日2026年1月31日
運用期間約4年半

予想分配金

予想分配金利回りは現時点での参考値であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

運用期間

「ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南(譲渡制限付)」の運用期間は原則として約4年半です。ただし、アセット・マネージャーの判断によって、2年半経過後に早期償還されることがあります。

また、信託計算期間である2026年1月期が終了した後から2年間(2028年1月31日まで)を限度として運用期間の延長を決定する場合があります

中途換金

2022年7月末日に終了する信託計算期間の終了後に最初に到来する決算発表日の翌営業日から中途換金が可能です。

投資対象物件

投資対象の不動産物件である「KDXレジデンス渋谷神南」の概要は次のとおりです。

不動産物件概要
住居表示東京都渋谷区神南1-8-10
構造鉄筋コンクリート造10階建
用途共同住宅
延床面積1,815.01㎡
総賃貸可能面積1,626.41㎡
建築時期2016年10月
総戸数37戸(1LDK~2LDK)
稼働率100%(固定賃料でのマスターリース契約のため)

※2021年6月末日現在

STOを購入するにはST口座を開設する必要あり

SBI証券で不動産STOを購入するには、ST口座を開設する必要があります。

SBI証券ではST社債を販売したこともあります。セキュリティトークン社債について詳しくは、次の記事をご覧ください。

株式会社SBI証券第1回無担保円建てセキュリティトークン(ST)社債
株式会社SBI証券が第1回無担保円建てセキュリティトークン(ST)社債(譲渡制限特約及び社債間限定同順位特約付)を2021年4月27日に発行します。

SBI証券について詳しくは、次の記事をご覧ください。

SBI証券 格安な手数料と豊富な投資信託が評判でネット証券人気No.1
SBI証券はSBIホールディングス傘下のネット証券会社です。

コメント