日経225先物とは? 株価指数先物取引をわかりやすく解説

日経225先物とは個別企業の株式ではなく、株価指数(日経225)を対象とした取引です。このブログでは、日経225先物取引をわかりやすく紹介しています。

日経225先物とは

日経225先物とは、日経平均株価を原資産とするデリバティブ取引です。

実際には取引できないものを取引できるようにするのがデリバティブ取引の特徴で、気温の変化も取引対象にすることもできます。

日経平均株価自体は売買できる商品ではありませんが、その価格変動を取引対象とすることで、日経平均株価やその逆数に連動した投資成果を得ることができます。

現物株取引では、まず株を買ってから、その株を売ります。買ったときの株価より売るときの株価が高ければ利益となり、株価が安ければ損失となります。

日経225先物取引では、現物株取引のように買ってから売ることもできますし、まず売ってから売ることもできます。売りから入った場合は、売った時の日経平均株価より買い戻したときの日経平均株価が安ければ利益となり、高ければ損失となります。

日経平均株価について詳しくは、次の記事をご覧ください。

日経平均株価(日経225)とは
日経平均株価とは、日本の株式市場の株価指標で、日本経済新聞社が算出・公表しています。225銘柄から算出されるため、「日経225」とも呼ばれます。

取引時間

日経225先物の特徴として、現物株より取引時間が長いことが挙げられます。

日経225先物の取引時間
取引取引時間
日経225先物日中8:45~15:15
夜間16:30~翌5:30
現物株前場9:00~11:30
後場12:30~15:00

深夜でも取引されているため、翌日の株式市場が値上がりするか、値下がりするかの判断にも利用することができます。

2021年9月21日から大阪取引所の次期デリバティブ売買システム(J-GATE 3.0)が稼働するのに伴い、先物・オプションの取引時間が拡大されます。

日経225先物の取引時間(2021年9月21日から)
立会取引時間
日中8:45~15:15
夜間16:30~翌6:00

限月

現物株取引では、買った株はいつ売ってもよく、永久に売らなくても構いません。日経225先物取引では、取引の期限を表わす月が決められていて、これを限月(げんげつ)と呼びます。日経225先物(ラージ)の場合、6月と12月の直近16限月および3月と9月の直近3限月が上場されています。

日経225先物の限月
限月6月・12月3月・9月
直近16限月直近3限月
2022年6月
2022年9月
2022年12月
2023年3月
2023年6月
2023年9月
2023年12月
2024年6月
2024年12月
2025年6月
2025年12月
2026年6月
2026年12月
2027年6月
2027年12月
2028年6月
2028年12月
2029年6月
2029年12月

日経225先物では、どの限月を取引するかを選ぶことができます。限月ごとに価格も異なっています。

6月と12月はメジャー限月と呼ばれ、取引量が多くなります。また、期直の限月は取引量が多くなります。あまり期先の限月だと、取引が成立していないものもあります。

最終決済日(SQ)

限月には最終決済日(SQ)が決められていて、SQ日までに決済しなければなりません。決済せずにSQ日を迎えると、強制的に決済されます。各限月の第2金曜日(祝日の場合は翌営業日)が最終決済日(SQ)となります。

最終決済日
限月SQ
2022年6月2022年6月10日(金)
2022年9月2022年9月9日(金)
2022年12月2022年12月9日(金)
2023年3月2023年3月10日(金)
2023年6月2023年6月9日(金)
2023年9月2023年9月8日(金)
2023年12月2023年12月8日(金)
2024年6月2024年6月14日(金)

日経225先物取引の取引最終日は、各限月の第2金曜日(SQ決済日)の前営業日です。

証拠金

現物株取引に必要な資金は「株価×単位株式数」です。たとえば、株価21,000円で単位株式数が100株であれば、取引に必要な金額は210万円です。

日経225先物取引では、SPAN証拠金というものが定められていて、これが取引に必要な資金となります。たとえば、2022年3月25日現在で必要な証拠金は 1,470,000円 です。

つまり、取引単位の約31分の1の資金があれば取引できることになります。

手数料

日経225先物の手数料は、証券会社によって手数料が異なります。

日経225先物の手数料
証券会社日経225先物ラージ
SBIネオトレード証券210.1円
GMOクリック証券220円
松井証券220円
マネックス証券275円
SBI証券275円
楽天証券275円
auカブコム証券330円

日経225先物ミニ

日経225先物は、日経平均株価の1,000倍を取引単位としています。たとえば、日経平均株価が3万円であれば、日経225先物の取引単位は3,000万円となります。

日経225先物ミニとは、個人投資家が取引しやすいように、取引単位を日経225先物の10分の1にした商品です。たとえば、日経平均株価が3万円であれば、日経225先物ミニの取引単位は300万円となります。

日経225先物ミニとの区別をつけやすいように、日経225先物は「日経225先物ラージ(LARGE)」と呼ばれることもあります。

日経225先物ミニと日経225先物の違い
区分日経225先物ミニ日経225先物
取引単位日経平均株価の100倍日経平均株価の1,000倍
呼値の刻み5円10円

限月

日経225先物ミニの場合、直近から3回分の3月と9月、直近から10回分の6月と12月、直近から3回分のその他の月が限月となります。

日経225先物ミニの限月
限月6月・12月3月・9月その他の月
直近10限月直近3限月直近3限月
2022年4月
2022年5月
2022年6月
2023年7月
2022年9月
2022年12月
2023年3月
2023年6月
2023年9月
2023年12月
2024年6月
2024年12月
2025年6月
2025年12月
2026年6月
2026年12月

最終決済日(SQ)

限月には最終決済日(SQ)が決められていて、SQ日までに決済しなければなりません。決済せずにSQ日を迎えると、強制的に決済されます。各限月の第2金曜日(祝日の場合は翌営業日)が最終決済日(SQ)となります。

最終決済日
限月SQ
2022年4月2022年4月8日(金)
2022年5月2022年5月13日(金)
2022年6月2022年6月10日(金)
2023年7月2022年7月8日(金)
2023年9月2022年9月9日(金)
2023年12月2022年12月9日(金)

手数料

日経225先物ミニの手数料は、証券会社によって手数料が異なります。

日経225先物ミニの手数料
証券会社手数料
SBIネオトレード証券36.3円
GMOクリック証券37.0円
マネックス証券38.0円
松井証券38.5円
SBI証券38.5円
楽天証券38.5円
auカブコム証券41.8円

証拠金

現物株取引に必要な資金は「株価×単位株式数」です。たとえば、株価21,000円で単位株式数が100株であれば、取引に必要な金額は210万円です。

日経225先物取引では、SPAN証拠金というものが定められていて、これが取引に必要な資金となります。たとえば、2022年3月25日現在で必要な証拠金は 147,000円 です。

株価指数先物取引には、日経225先物の他に東証マザーズ指数先物があります。

東証マザーズ指数先物について、詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 東証マザーズ指数先物

コメント