日経225先物とは? 株価指数先物取引をわかりやすく解説

信用取引 証券

日経225先物とは個別企業の株式ではなく、株価指数(日経225)を対象とした取引です。この記事では、日経225先物取引をわかりやすく紹介しています。

取引時間

日経225先物の特徴として、現物株より取引時間が長いことが挙げられます。

日経225先物の取引時間
取引取引時間
日経225先物日中8:45~15:15
夜間16:30~翌5:30
現物株前場9:00~11:30
後場12:30~15:00

取引単位

現物株の取引単位は1株単位や100株単位など、銘柄によってまちまちです。

日経225先物には日経225先物ミニと日経225先物ラージの2種類あり、それぞれ取引単位が異なります。

日経225先物の取引単位
区分取引単位
日経225先物ミニ日経平均株価の100倍
日経225先物ラージ日経平均株価の1,000倍

たとえば、日経平均株価が21,000円であれば、日経225ミニは210万円、日経225ラージは2,100万円が取引単位となります。

証拠金

現物株取引に必要な資金は「株価×単位株式数」です。たとえば、株価21,000円で単位株式数が100株であれば、取引に必要な金額は210万円です。

日経225先物取引では、SPAN証拠金というものが定められていて、これが取引に必要な資金となります。

たとえば、2019年3月22日時点で必要な証拠金は次のとおりです。

日経225先物の証拠金
区分証拠金
日経225先物ミニ69,000円
日経225先物ラージ690,000円

つまり、取引単位の約31分の1の資金があれば取引できることになります。

取引の流れ

現物株取引では、まず株を買ってから、その株を売ります。買ったときの株価より売るときの株価が高ければ利益となり、株価が安ければ損失となります。

日経225先物取引では、現物株取引のように買ってから売ることもできますし、まず売ってから売ることもできます。売りから入った場合は、売った時の日経平均株価より買い戻したときの日経平均株価が安ければ利益となり、高ければ損失となります。

限月

現物株取引では、買った株はいつ売ってもよく、永久に売らなくても構いません。

日経225先物取引では、取引の期限を表わす月が決められていて、これを限月(げんげつ)と呼びます。

限月には最終決済日(SQ)が決められていて、SQ日までに決済しなければなりません。決済せずにSQ日を迎えると、強制的に決済されます。

限月は各種ありますが、3月・6月・9月・12月のメジャー限月が取引が活発です。

日経225先物では、どの限月を取引するかを選ぶことができます。限月ごとに価格も異なっています。

たとえば、ある日の市況は次のようになっています。

銘柄限月現在値出来高
日経225ミニ19-0421,19012,601
日経225ミニ19-0521,185374
日経225ミニ19-0621,175203,219
日経225ミニ19-0721,15511
日経225ミニ19-0921,1251,772
日経225ミニ19-1220,95089
日経225ミニ20-0320,89011
日経225ミニ20-0620,70516
日経225ミニ20-0920,8602
日経225ミニ20-1220,4755
日経225ミニ21-060
日経225ミニ21-120
日経225ミニ22-060
日経225ミニ22-1219,5507
日経225ミニ23-060
日経225ミニ23-120

メジャー限月かつ直近の限月の取引量が多いことが分かります。あまり先の限月だと、取引が成立していないものもあります。

手数料

日経225先物の手数料は、証券会社によって手数料が異なります。現物株取引より安いのが一般的です。

日経225先物の手数料(税抜)
証券会社日経225先物ミニ日経225先物ラージ
GMOクリック証券34円200円
松井証券35円200円
マネックス証券35円250円
SBI証券35円250円
楽天証券35円250円
カブドットコム証券38円300円
大和証券46円380円

株価指数先物取引には、日経225先物の他に東証マザーズ指数先物があります。

東証マザーズ指数先物について、詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 東証マザーズ指数先物

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント