日経平均株価(日経225)とは

インデックス証券

日経平均株価とは、日本の株式市場の株価指標で、日本経済新聞社が算出・公表しています。

日経平均株価(日経225)

日経平均株価は、東京証券取引所第1部に上場している銘柄のうち、225銘柄を組み入れ銘柄としています。この225銘柄の株価を合計して、銘柄数である225で割って算出しています。ただし、組み入れ銘柄の入れ替えで連続性が途切れないように、係数をかけています。

日経平均株価の組み入れ銘柄数が225種であることから、日経225とも呼ばれています。

日経平均株価は、東証株価指数(TOPIX)と共に、日本の株式市場の代表的な株価指標とされています。投資信託のベンチマークとして採用されていたり、株価指数先物取引にも利用されています。日経225は東証株価指数(TOPIX)と比べて、変動幅が大きいのが特徴です。

日経平均株価の問題点

日経平均株価の問題点として、特定の銘柄の寄与度が高いことが挙げられます。たとえば、ファーストリテイリング(銘柄コード9983)の日経平均株価における構成率は約8%もあり、ファーストリテイリングの株価動向が日経平均株価に大きな影響を与えます。

日経225のETF(上場投資信託)

日経平均株価(日経225)を対象とするETF(上場投資信託)には次のものがあります。

日経225のETF
コード銘柄管理会社信託報酬
1320ダイワ上場投信-日経225大和証券投資信託委託0.160%
1321日経225連動型上場投資信託野村アセットマネジメント0.220%
1330上場インデックスファンド225日興アセットマネジメント0.225%
1329iシェアーズ・コア日経225 ETF ブラックロック・ジャパン0.105%
1346MAXIS 日経225上場投信三菱UFJ国際投信0.170%
1578上場インデックスファンド日経225(ミニ)日興アセットマネジメント0.225%
1369One ETF 日経225アセットマネジメントOne0.155%
1397SMDAM 日経225上場投信三井住友DSアセットマネジメント0.140%
2525NZAM 上場投信 日経225農林中金全共連アセットマネジメント0.135%

このうち、おすすめの銘柄は「iシェアーズ・コア 日経225 ETF」です。

信託報酬が安いうえ、流動性が高く売買が活発に行われています。1口単位で売買できるので、少額から投資できます。

ほかの銘柄を選ぶ理由が見当たらないほど、日経225 ETFの中では優れた存在です。

日経225のインデックスファンド

日経平均株価(日経225)をベンチマークとする投資信託として、次のようなものがあります。

楽天証券なら日経225のETFが手数料無料で取引できる

ETF(上場投資信託)はインデックスファンドと比べて信託報酬が低いので、保有コストが安くなるというメリットがあります。

インデックスファンドには購入手数料がかからないものがほとんどですが、ETFを売買するには株式と同じ手数料がかかります。

楽天証券では、次の日経225 ETFが手数料無料で取引できます。

楽天証券で手数料無料の日経225ETF
コード銘柄
1329iシェアーズ・コア 日経225 ETF
1346MAXIS 日経225上場投信
1458楽天ETF‐日経レバレッジ指数連動型
1459楽天ETF‐日経ダブルインバース指数連動型
1320ダイワ上場投信-日経225

日経225 ETFの中でも人気が高い「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」も取引手数料無料です。

楽天証券について詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

日経平均株価(日経225)以外の指数については、次をご覧ください。

指数一覧
分野指数
株価TOPIX(東証株価指数)
JPX日経インデックス400
S&P/JPX配当貴族指数
S&P500配当貴族指数
NASDAQ100
MSCIコクサイ・インデックス
MSCIエマージング・マーケット・インデックス
FTSE RAFIエマージング・インデックス
債券NOMURA-BPI総合
FTSE世界国債インデックス
REIT東証REIT指数
S&P先進国REIT指数(除く日本)
商品S&P GSCIトータルリターン指数
ブルームバーグ商品指数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント