証券

投資信託(ファンド)にかかるさまざまな手数料(費用)

投資信託にはさまざまな費用(手数料)がかかります。購入時にかかる手数料は分かり易いのですが、中には分かりにくい手数料もあります。そこで、投資信託の手数料をまとめてみました。
証券

LINE証券が投資信託の取扱いを開始【ファンド一覧とおすすめを紹介】

LINEアプリから株式が買えるサービス「LINE証券」が、2019年11月27日から投資信託の取扱いを始めました。この記事では、LINE証券の投資信託ラインナップとその詳細、おすすめのファンドをご紹介します。
税金

固定資産税はいつ・いくらくらいかかる? 納期や計算、支払いなど

不動産を所有していると、固定資産税が毎年かかります。また、場合によっては都市計画税もかかることがあります。 この固定資産税とは、いったいどのような税金なのでしょうか? 固定資産税とは 固定資産税とは、不動産を保有している場合に、市...
証券

tsumiki証券 つみたてNISAでエポスポイントが貯まる証券会社

平成30年8月31日、tsumiki証券のサービスが開始されました。 tsumiki証券とは tsumiki証券は株式会社丸井グループの子会社で、毎月一定額を積み立て、資産の運用益が非課税になる「つみたてNISA」という制度が使える投資...
キャッシュレス決済

Pontaポイントが貯まるポンタカードの使い方

Pontaポイントとは Ponta(ポンタ)とは、コンビニのローソンを始めとする全国のPontaの提携会社やネットサービスで、利用金額に応じて貯めたり使うことができる共通ポイントサービスです。 Pontaカード Pontaポイ...
キャッシュレス決済

NTTドコモのポイント「dポイント」

dポイントとは、NTTドコモの携帯電話を購入するときや携帯電話の利用料金などに使えるポイントプログラムです。NTTドコモの契約者でなくても加入してポイントを貯めたり使ったりできます。 dポイントとは dポイントとは、NTTドコモが運営し...
証券

WealthNavi(ウェルスナビ)ロボアドバイザーで全自動の資産運用

WealthNaviとは WealthNavi(ウェルスナビ)とは、ロボアドバイザーによる全自動の資産運用サービスです。 資産配分の決定から金融商品の決定、発注、再投資、リバランスといった一連の作業をロボアドバイザーがすべて自動で行...
証券

mattocoは三菱UFJ国際投信の直販サービス【eMAXIS Slimも買える】

三菱UFJ国債投信が投資信託の直販サービス「mattoco」を始めました。低コストのインデックスファンドとして人気のeMAXIS Slimシリーズをはじめとした投資信託が三菱UFJ国債投信から直接購入することができます。
証券

S&P500 ETF(上場投資信託)の比較【配当利回り・おすすめETF】

S&P500 ETFの銘柄選びでお悩みのあなたへ。この記事では米国株の代表的な指数であるS&P500を対象インデックスとするETF(上場投資信託)を比較をご紹介します。これを見れば、最もお得なおすすめETFがわかります。
クラウドファンディング

TECROWD(テクラウド)新興国の不動産投資型クラウドファンディング

TECROWD(テクラウド)とは新興国の物件を対象とする不動産投資型クラウドファンディングで、建設会社の株式会社TECRAが運営しています。
証券

低コストインデックスファンド eMAXIS Slim の評価

eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)とは、三菱UFJ国際投信の低コスト・インデックスファンド・シリーズです。 「手数料の業界最低水準を目指し続ける」という方針のもと、他にもっと手数料が安いファンドが登場すると、対抗して信託報...
証券

J-Stockアクティブ・オープン インデックスを凌駕する好成績ファンド

J-Stockアクティブ・オープンは日本の新興市場株式に投資するアクティブ運用の投資信託です。運用期間は10年を越え、その間に基準価額が5倍以上になるなど、長期間に渡って好成績を達成しています。