ソフトバンクグループが社債を発行します(利率1.57%)

SoftBank 資産運用

2018年6月7日、ソフトバンクグループ株式会社が社債を発行します。

名称ソフトバンクグループ株式会社 第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
愛称福岡ソフトバンクホークスボンド
期間約6年
利率年1.57%
募集期間2018年6月7日~6月19日
発行価格額面100円につき100円
申込単位100万円単位
償還日2024年6月14日
格付A-(JCR)※取得予定

発行体

「ソフトバンクグループ株式会社第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の発行体(債券の発行元)は、ソフトバンクグループ株式会社です。

ソフトバンクグループ株式会社(東証1部、証券コード9984)は、通信やネット関連などの事業をグループ会社で展開する持ち株会社です。主要な連結子会社と関連会社は次のとおり。

  • ソフトバンク株式会社
  • Sprint Communications, Inc.(米国の携帯電話事業者)
  • ヤフー株式会社
  • アスクル株式会社
  • 株式会社ジャパンネット銀行
  • バリューコマース株式会社
  • ブックオフコーポレーション株式会社
  • Arm Limited(英国のスマホ向けマイクロプロセッサ設計会社)
  • 福岡ソフトバンクホークス株式会社
  • アイティメディア株式会社(IT総合情報サイトITmediaの運営会社)
  • 株式会社ベクター(ソフトウェアダウンロード販売会社)
  • Alibaba Group Holdings Limited(中国の電子商取引サイト運営会社)

利率

「ソフトバンクグループ株式会社第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の利率は、年率1.57%(税引前)です。

社債間限定同順位特約

「ソフトバンクグループ株式会社第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」には担保がありません。ただし、社債間限定同順位特約が付いていますので、もしソフトバンクグループ株式会社が担保付きの社債を発行する場合は「ソフトバンクグループ株式会社第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」にも担保が付きます。

格付

JCR(株式会社日本格付研究所)による発行体(ソフトバンクグループ株式会社)の長期発行体格付は「A-」(取得予定)です。

JCRの格付「A-」とは、「債務履行の確実性は高い。」を意味しています。マイナスの表示は下位格(BBB)に近いことを意味しています。

JCRの格付
格付説明
AAA債務履行の確実性が最も高い。
AA債務履行の確実性は非常に高い。
A債務履行の確実性は高い。
BBB債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性がある。
BB債務履行に当面問題はないが、将来まで確実であるとは言えない。
B債務履行の確実性に乏しく、懸念される要素がある。
CCC現在においても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある。
CC債務不履行に陥る危険性が高い。
C債務不履行に陥る危険性が極めて高い。
LD一部の債務について約定どおりの債務履行を行っていないが、その他の債務については約定どおりの債務履行を行っているとJCR が判断している。
D実質的にすべての金融債務が債務不履行に陥っているとJCRが判断している。

販売会社

「ソフトバンクグループ株式会社第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」は、次の証券会社で販売しています。

  • SBI証券
  • SMBC日興証券
  • 大和証券
  • 野村証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

個人向け社債の購入方法について、詳しくは次の記事をご覧ください。

個人向け社債のメリットと購入方法、手数料と取り扱い証券会社
さまざまなメリットがある個人向け社債投資ですが、購入方法や証券会社の選び方がわかりにくいところがあります。 そこで個人向け社債のメリットと購入方法、手数料と取扱い証券会社をまとめてみました。 個人向け社債のメリット 債券投資は金融...



コメント