iシェアーズ・コアTOPIX ETF – TOPIX型で信託報酬が最も安いETF

東京証券取引所証券

「iシェアーズ・コアTOPIX ETF」は、東京証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)です。TOPIX(東証株価指数)をベンチマーク(対象指標)としたETFおよびインデックスファンドの中では、信託報酬が最も安いのが特徴です。

iシェアーズ・コアTOPIX ETFの概要

証券コード1475
ベンチマークTOPIX
管理会社ブラックロック・ジャパン株式会社
信託報酬年率0.06%

TOPIX Core 30ではなくTOPIXのETF

「iシェアーズ・コアTOPIX ETF」は、名前がよく似ている株価指数「TOPIX Core 30」ではなく、TOPIXをベンチマークとしています。

iシェアーズ・コアTOPIX ETFは完全法を採用

TOPIXをベンチマークとするETF及びインデックスファンドには、TOPIXを構成するすべての銘柄をインデックス構成比率に従ってポートフォリオを構築する「完全法」と、TOPIXを構成するすべてではなく、その一部でポートフォリオを構築する「抽出法」の2通りがあります。

このうち、「iシェアーズ・コアTOPIX ETF」は完全法を採用しています。

ブラックロック・ジャパン株式会社の公式サイトで保有構成銘柄を示したPCF(Portfolio Composition File)が公開されています。

完全法はTOPIXと同じ比率で資産を持つため、TOPIXと高い連動性をもちます。

TOPIXは東証1部に上場するすべての普通株式を対象としているので、完全法を採用するにはかなりの資金を必要とします。

また、取引時間中のETF保有資産に係る1口あたりの推定価格であるiNAV(Indicative Net Asset Value)も日本取引所グループの公式サイトで公開されていて、理論上の適正価格であるiNAVを確認することができます。

流動性が高い

ETFの中には流動性が低く、ほとんど売買が行われていない銘柄もありますが、「iシェアーズ・コアTOPIX ETF」は売買が活発に行われています。

信託報酬が安い
流動性が高い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント