関西電力が個人向け社債を発行します 利率0.10%~0.20% 期間3年

電気 証券

2018年12月、関西電力が個人向け社債「関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)」を発行します。

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の概要

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の概要は次のとおりです。

名称関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)
期間3年
利率年率0.10%~0.20%(税引前、仮条件)
償還日2021年12月20日
発行価格額面100円につき100円
申込単位10万円単位
利払日毎年6月20日、12月20日(年2回)
募集期間2018年12月10日~12月21日

関西電力とは

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の発行体(債券の発行元)は関西電力株式会社です。

関西電力株式会社(東証1部、証券コード9503)は京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県を事業地域とする電力会社です。

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の利率

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の利率は年0.10%~0.20%(税引前)です。

これは仮条件で、2018年12月7日に決定予定です。

一般担保付

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)には一般担保が付いています。

一般担保付社債とは、他の債権者よりも優先して弁済が受けられる権利が付いた社債で、電気事業法に基づいて発行されています。

小売電気事業、一般送配電事業及び発電事業のいずれも営む者たる会社(次項及び第三項において「兼業会社」という。)の社債(社債、株式等の振替に関する法律(平成十三年法律第七十五号)第六十六条第一号に規定する短期社債を除く。次項及び第三項において同じ。)の社債権者は、その会社の財産について他の債権者に先立つて自己の債権の弁済を受ける権利を有する。

2 兼業会社の営む小売電気事業、一般送配電事業若しくは発電事業の譲渡しがあり、又は兼業会社について分割があつたときは、次の各号に掲げる会社のいずれかに該当するものが当分の間発行する社債の社債権者は、それぞれ、その会社の財産について他の債権者に先立つて自己の債権の弁済を受ける権利を有する。
一 当該譲渡し又は分割により小売電気事業、一般送配電事業又は発電事業の全部又は一部を譲り受け、又は承継した会社(当該譲り受け、又は承継した小売電気事業、一般送配電事業又は発電事業を営むことを目的として設立されたものに限り、兼業会社であるものを除く。)
二 当該譲渡し又は分割をした会社であつて、当該譲渡し又は分割の後も引き続き小売電気事業、一般送配電事業又は発電事業を営むもの(兼業会社であるものを除く。)
三 前二号に掲げる会社を子会社(会社法(平成十七年法律第八十六号)第二条第三号に規定する子会社をいう。)とする会社であつて、小売電気事業、一般送配電事業及び発電事業のいずれも営まないもの

3 兼業会社の営む小売電気事業、一般送配電事業若しくは発電事業の譲渡しがあり、又は兼業会社について分割があつたとき(その会社が当該譲渡し又は分割の後も兼業会社であるときを除く。)は、当該譲渡し又は分割の前にその会社が発行した社債であつて当該譲渡し又は分割の後もその会社が引き続き有する債務に係るものの社債権者は、その会社の財産について他の債権者に先立つて自己の債権の弁済を受ける権利を有する。

出典:電気事業法 第二十七条の三十

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)の販売会社

関西電力株式会社第525回社債(一般担保付)は次の証券会社で販売しています。

  • 大和証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

株式は購入に手数料がかかり、その手数料は証券会社によって異なりますが、社債の購入に手数料はかかりませんので、どこの証券会社で買っても同じです。

個人向け社債の購入方法について、詳しくは次の記事をご覧ください。

個人向け社債のメリットと購入方法、手数料と取り扱い証券会社
さまざまなメリットがある個人向け社債投資ですが、購入方法や証券会社の選び方がわかりにくいところがあります。 そこで個人向け社債のメリットと購入方法、手数料と取扱い証券会社をまとめてみました。 個人向け社債のメリット 債券投資は金融...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント