不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIとは

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHI

COZUCHI(コズチ)とは不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングで、LAETOLI株式会社が運営しています。不動産投資型クラウドファンディングにしては珍しく、中途解約することもできます。

COZUCHI不動産クラウドファンディング

COZUCHIとは不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングです。不特定多数の投資家から出資を募って、不動産を運用して家賃や売却益を得て、出資者へ分配金として還元します。

概要
運営会社LAETOLI株式会社
最低投資金額1万円
募集方式先着順または抽選
優先劣後出資
中途解約
平均利回り9.01%
平均運用期間11.5か月

不動産投資型クラウドファンディングについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

クラウドファンディングとは? わかりやすくタイプ別に紹介
クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から資金を調達する仕組みのことです。この記事では、タイプ別にクラウドファンディングの各サービスををご紹介します。

LAETOLI株式会社が運営

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIを運営するLAETOLI株式会社は、不動産特定共同事業の免許取得サポートや運用アドバイザーとして創業し、不動産の取得、売却、リフォームおよび仲介事業を行っています。

会社概要
会社名LAETOLI株式会社
設立1999年5月20日
資本金1億円
所在地東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2階
登録免許宅地建物取引業者
不動産特定共同事業者 東京都知事 第60号
金融商品取引業
許可種別不動産特定共同事業 第一号、第二号(電子取引業務を行う)

LAETOLI株式会社は不動産特定共同事業第一号および第二号の許可を受けています。

不動産特定共同事業
事業者事業内容
第1号不動産特定共同事業契約を締結し、契約に基づいて運営される不動産取引から得られる利益等の分配を行う
第2号不動産特定共同事業契約締結の代理もしくは媒介をする

不動産特定共同事業

出典:国土交通省 不動産特定共同事業(FTK)法の概要

メリット

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIには次に示すメリットがあります。

分配に上限がない
利回りが高い
優先劣後出資なので信用リスクが低い
中途解約可能なので流動性リスクが低い
出金手数料が無料
1万円から投資できる
出資が確定してから入金すればよい

分配に上限がない

ほとんどの不動産投資型クラウドファンディングは予想分配率を上限として分配金が支払われます。しかし、COZUCHIでは想定以上の収益が得られた場合、想定利回りを超えて分配金が支払われます。

利回りが高い

COZUCHIのファンドは、他の不動産投資型クラウドファンディングのファンドと比べて、利回りが高くなっています。

COZUCHIのファンド
平均利回り9.08%
平均運用期間11.7か月

※2022年2月9日現在

優先劣後出資なので信用リスクが低い

優先劣後出資

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIは、優先・劣後出資の仕組みを採用しています。

一般投資家は優先出資者となり、営業者(LAETOLI株式会社)が劣後出資者となります。元本に損失が生じた場合は、まず劣後出資者が負担します。劣後出資分で損失が賄えないときにのみ、優先出資分も損失を被ります。そのため、優先出資者である一般投資家は損失を被りにくい仕組みとなっています。

優先出資比率はプロジェクト毎に異なります。

出資比率
プロジェクト優先出資比率劣後出資比率
新宿区〈曙橋〉事業用地 追加買取ファンド89.4%10.6%
市ヶ谷区分オフィス89.5%10.5%
市ヶ谷区分店舗89.5%10.5%
湯島事業用地 フェーズ188.0%12.0%
秋葉原事業用地90.0%10.0%
虎ノ門再開発プロジェクト フェーズ188.2%11.8%
新宿区曙橋事業用地77.8%22.2%
六本木事業用地Ⅱフェーズ288.9%11.1%
代々木公園事業用地77.4%22.6%
広尾区分店舗Ⅱ75.0%25.0%
稲村ヶ崎 開発プロジェクト76.0%24.0%
学芸大学エリア58.0%42.0%
銀座 EXITファンドⅡ90.0%10.0%
渋谷区広尾借地プロジェクト88.7%11.3%
西麻布一棟マンション88.6%11.4%
相模原リニア開発プロジェクト90.0%10.0%
渋谷区広尾 底地プロジェクト91.4%8.6%
六本木 事業用地Ⅱ94.1%5.9%

中途解約可能なので流動性リスクが低い

不動産投資型クラウドファンディングは原則として中途解約できません。投資資金が償還まで拘束されるので、流動性リスクが高い投資商品です。

不動産投資型クラウドファンディングにしては珍しく、COZUCHIは中途換金することができます。投資期間中に現金が必要となった場合は、解約手続き完了後に原則として翌月に換金されます。

換金するには事務手数料3,300円がかかります。

出金手数料が無料

ファンドの出資や運用に際して、手数料はかかりません。COZUCHIに出資するときの振込手数料は、投資家が負担します。これは不動産投資型クラウドファンディングに共通します。クラウドファンディングの口座から出金するときに手数料がかかるかどうかは、サービスによって異なります。

COZUCHIから分配金や元本が投資家の銀行口座へ振り込まれるときの手数料は、LAETOLI株式会社が負担します。

1万円から投資できる

不動産投資型クラウドファンディングでは最低出資金額が10万円というのが多いのですが、COZUCHIでは最低1万円から出資できます。

不動産投資型クラウドファンディングでは、個別の不動産物件に投資します。最低投資金額が少なければ、より多くの不動産物件へ投資できるため、分散投資によるリスク分散が容易に行えるメリットがあります。

出資が確定してから入金すればよい

COZUCHIのプロジェクトは抽選による応募が多いのですが、抽選に当選してから必要な資金を入力する仕組みになっています。

プロジェクトに出資し、「電子取引の重要事項」、「契約成立前書面」および「契約時締結書面」を確認・同意すると、出資金の振込先口座の案内がメールで送られてきます。このメールに記載された銀行口座に必要な金額を振り込んで入金します。

デメリット

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIには次に示すデメリットがあります。

  • 抽選の倍率が高い

抽選の倍率が高い

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIのファンドは抽選または先着順で募集されます。COZUCHIが人気化していることもあり、応募倍率が高いファンドはなかなか当選しにくくなっています。先着順のファンドも募集金額によっては、一瞬で満額達成してしまうこともあります。

COZUCHIの応募倍率

ファンド

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIは、次のファンドを募集・運用しています。

COZUCHIのファンド一覧
ファンド想定利回り運用期間
広尾一棟ビル7.0%12か月
新宿区〈曙橋〉事業用地 追加買取ファンド6.0%10か月
市ヶ谷区分オフィス5.0%18か月
市ヶ谷区分店舗5.0%18か月
湯島事業用地 フェーズ16.0%18か月
秋葉原事業用地4.5%12か月
伊東市川奈リゾート開発用地 フェーズ28.0%12か月
代々木公園事業用地 追加買取ファンド8.0%10か月
虎ノ門再開発プロジェクト フェーズ14.0%12か月
新宿区曙橋事業用地6.0%12か月
六本木事業用地Ⅱ10.0%12か月
代々木公園事業用地10.0%12か月
広尾区分店舗Ⅱ4.5%12か月
稲村ヶ崎 開発プロジェクト6.0%12か月
学芸大学エリア13.0%3か月
銀座 EXITファンドⅡ9.9%3か月
渋谷区広尾借地プロジェクト6.5%9か月
西麻布 一棟マンション6.0%12か月
相模原 リニア開発プロジェクト7.5%12か月
銀座 EXITファンド10.0%6か月
渋谷区広尾 底地プロジェクト4.5%12か月
六本木 事業用地Ⅱ10.0%6か月
渋谷区神泉エリア 開発プロジェクト5.5%6か月
下赤塚 一棟マンション6.0%36か月
中央区八丁堀 開発用地6.0%12か月
渋谷区神泉エリア 区分店舗6.0%24か月
平塚 一棟マンション10.0%6か月
豊島区目白 区分マンション4.5%12か月
品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド10.0%84か月
江東区東陽町 区分マンション4.5%6か月
伊東市川奈 高級リゾート開発用地 ≪EXITプラス≫8.0%12か月
三宿エリア複合ビル5.0%12か月
広尾 区分店舗4.5%12か月
神奈川県 茅ヶ崎Ⅰ6.0%12か月
世田谷区 三軒茶屋Ⅰ4.0%24か月
港区 広尾Ⅲ2.0%24か月
田端 EXITファンドⅠ12.0%3か月
品川区 五反田Ⅱ9.0%6か月
練馬区 武蔵関Ⅰ12.0%6か月
世田谷区 砧 EXITファンドⅠ50.9%2か月
渋谷区 恵比寿 EXITファンド46.9%2か月
神奈川県 武蔵新城Ⅰ10.0%6か月
世田谷区経堂 Ⅰ6.0%3か月
世田谷区経堂 Ⅱ6.0%1年
世田谷区経堂 Ⅲ6.0%1年
品川区法人寮2物件6.0%2か月
港区広尾4.2%3か月
品川区五反田Ⅰ5.0%6か月
世田谷区経堂 Ⅳ6.0%3か月
港区広尾Ⅱ4.2%3か月
港区広尾Ⅲ2.0%2年
世田谷区三軒茶屋Ⅰ4.0%2年
TOKYOマンション7区分ファンドⅠ4.5%6か月
神奈川県茅ヶ崎Ⅰ6.0%1年
世田谷区経堂Ⅱ4.5%6か月
神奈川県武蔵新城Ⅰ10.0%6か月
練馬区武蔵関Ⅰ12.0%6か月
広尾 区分店舗4.5%1年
品川区五反田Ⅱ9.0%6か月
田畑 EXITファンドⅠ12.0%3か月
三宿エリア複合ビル5.0%1年
伊東市川奈 高級リゾート開発用地 EXITプラス8.0%1年
渋谷区松濤エリア区分マンション4.5%6か月
平均8.32%12.0か月

確定申告

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIの分配金は雑所得に当たり、分配金額の20.42%が源泉徴収されたうえで、入金先口座へ振り込まれます。分配金から所得税と復興特別所得税が源泉徴収されますが、住民税は源泉徴収されません。

分配金の源泉徴収
税区分課税主体税率
所得税国税20%
復興特別所得税国税0.42%
住民税地方税源泉徴収なし
合計20.42%

雑所得は総合課税の対象となり、給与所得など他の所得と合算した総所得金額によって税率が決まります。住民税(地方税)の申告が必要なことや、総所得金額を計算して所得税率を決めるために、原則として確定申告が必要となります。ただし、次に示す全ての条件に当てはまる人は、確定申告は不要です。

  • ひとつの会社のみから給与を得ている
  • 会社で年末調整を行っている
  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超えていない
  • 給与所得と退職所得以外に、20万円を超える所得がない

確定申告について詳しくは次の記事をご覧ください。

確定申告とは? 2021年分の確定申告のやり方
2021年度分における所得税等の確定申告期間は、2022年2月16日から2022年3月15日までです。この記事では、確定申告のやり方をご紹介します。

口座開設

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIを利用するためには、会員登録が必要になります。また、実際にプロジェクトに応募するためには、投資家登録も必要です。

会員登録は次の手順で行います。

  1. 連絡先とパスワードの入力
  2. SMSで受信したアクティベーションコードの入力
COZUCHIの会員登録

会員登録

COZUCHIの会員登録

アカウントの認証

COZUCHIの会員登録

会員登録の完了

投資家登録は次の手順で行います。

  1. 必要事項の入力
  2. 本人確認
COZUCHIの投資家登録

投資家登録

COZUCHIの投資家登録

本人確認

口コミと評判

ソーシャルメディアの口コミと評判では、不動産投資型クラウドファンディング史上最大級の36億円規模のファンドをわずか数時間で集めたことに驚愕する意見が多数挙げられました。


不動産投資型クラウドファンディング史上最大級の36億円規模のファンドをわずか数時間で集められる程の人気を博していることもあり、応募抽選倍率が高いことや先着順受付が一瞬で締め切られることを危惧する口コミや評判も見受けられます。


他の不動産投資型クラウドファンディングの多くが予定分配率通りに分配金を支払うのに対して、COZUCHIでは利益がある限り予定分配率以上の分配金を出すことが多いことを評価する口コミや評判もあります。


キャンペーンに当選された方の喜びの声も口コミや評判で見受けられます。


ソーシャルメディアの口コミや評判の中には、不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIの運営会社であるLAETOLI株式会社が上場を目指していることもあり、LAETOLI株式会社自体に投資したいという意見もあります。

不動産投資型クラウドファンディングには間々あることですが、売れ行きの悪いファンドは後出しで条件を変更することに対する批判の声もあります。

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIについてさらに詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

COZUCHI

コメント