情報通信技術

図書カードをネット通販や電子書籍に使う方法

図書カードは実店舗で書籍を購入するだけでなく、ネット通販や電子書籍にも使えます。この記事では、図書カードNEXTを使えるネット通販や電子書籍、その方法をご紹介します。
仮想通貨

SBI VCトレード – SBIグループの仮想通貨取引所

SBI VCトレードは、SBI VCトレード株式会社が運営する仮想通貨取引所です。この記事では、SBI VCトレードについてご紹介します。 SBI VCトレードとは SBI VCトレードとは、仮想通貨を売買できる取引所で、SBI VCト...
FX

マネースクエアのトラリピは自動的にFX取引できる

マネースクエアのトラリピは、あらかじめ買う価格と売る価格を決めておけば、自動的にFX(外国為替証拠金取引)を取引していくれるサービスです。この記事では、トラリピについてご紹介します。
証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。外国株式や社債の取扱いが豊富なことがメリットです。このブログでは、本証券会社の特徴をご紹介します。
FX

LINE FX アプリで外国為替証拠金取引ができるLINEの新サービス

LINE FXとは、アプリ上で外国為替証拠金取引(FX)ができるLINEの新サービスです。
銀行

新生銀行

新生銀行のATMや振込手数料、ステージ(優遇プログラム)等についてご紹介します。
証券

中国株の買い方

このブログでは、中国株の買い方をご紹介します。
情報通信技術

楽天証券マーケットスピードとマーケットスピード2の違い

楽天証券は「マーケットスピード」と「マーケットスピード2」という取引アプリを提供しています。ただし、2は完全な上位互換というわけではありません。この記事では、両者の違いを比較しています。
証券

野村證券がオンラインサービスでの外国株式の取扱いを開始しました

野村證券はオンラインサービスで米国株、ドイツ株、香港株、オーストラリア株を取り扱ってます。このブログでは、野村證券の外国株取扱いについてご紹介します
クラウドファンディング

CRE Funding 物流施設に特化した不動産投資型クラウドファンディング

CRE Fundingは物流施設に特化したユニークな不動産投資型クラウドファンディングで、東証1部上場企業の株式会社シーアールイーが手掛けています。このブログでは本ファンドの特徴をご紹介します。
証券

マネックス証券が米国株と中国株の銘柄スカウターをリリースしました

マネックス証券が米国株と中国株の銘柄スカウターをリリースしました。銘柄スカウターとは、詳細な銘柄情報をスクリーニングできるツールです。これにより、日本株と同レベルの投資情報で銘柄探しが捗ります。
銀行

eダイレクト金銭信託 Zホールディングス株式会社第1号 2020年3月

オリックス銀行の「eダイレクト金銭信託(予定配当率型)Zホールディングス株式会社第1号」が2020年2月28日から販売されます。予定配当率は年0.31%で、信託期間は6か月です。
スポンサーリンク