LINE Pay

LINE Pay キャッシュレス決済

LINE Payカードは、使うたびに2%のポイントが貯まるプリペイドカードです。JCBの加盟店で使えるので、非常に多くの店舗で利用することができます。

使えば使うほどお得に

LINE Payには使えば使うほどお得になる「マイカラー」という制度があります。

LINE Payによる支払いや送金などのサービス利用度合いによって月ごとにカラー(色)が判定され、それぞれのカラーに応じた特典が受けられます。

カラー特典
グリーンLINEポイント2%還元
ブルーLINEポイント1%還元
レッドLINEポイント0.5%還元
ホワイトなし

チャージ

LINE Payは銀行やATM、コンビニからチャージ(入金)できます。

セブン銀行のATMでLINE Payにチャージすることができます。24時間、365日利用可能で、手数料はかかりません。最低1,000円からチャージ可能で、上限はありません。また、LINE Payからの出金も可能で、最低1,000円から1日最大10,000円まで出金できます。

送金

LINE Payのユーザー同士なら、手数料無料で送金することができます。

LINE Pay請求書支払い

LINE Pay請求書支払いとは、公共料金や通販などの請求書に記載されているバーコードをLINE Payのコードリーダーで読み込みと、LINE Payの残高で支払えるLINE Payアプリの機能です。

次の公共料金でLINE Pay請求書支払いを利用できます。

LINE Pay請求書支払いが使える公共料金
自治体公共料金
東京都上下水道料金
東京都渋谷区特別区民税・都民税
軽自動車税
国民健康保険料(税)
神奈川県自動車税
個人事業税
不動産取得税
神奈川県横浜市上下水道料金
千葉県野田市固定資産税・都市計画税
市県民税
軽自動車税
国民健康保険料(税)
介護保険料
後期高齢者医療保険料
奈良県生駒市上下水道料金
京都府個人事業税
自動車取得税
自動車税など
京都府宮津市市県民税
軽自動車税
国民健康保険料
上下水道料金
介護保険料など

LINE PayからVisaカードを発行・利用可能に

LINE Pay

2019年6月6日、LINE PayとVisaが提携を発表しました。今後、LINE PayアプリからVisaブランドのバーチャルカードを発行できるようになります。

LINE Payで発行したVisaバーチャルカードは、全世界のVisa加盟店でオンライン上の支払いに利用できます。

バーチャルカードについては、次の記事もご覧ください。

関連記事 Vプリカ(Visa)
関連記事 楽天バーチャルプリペイドカード(MasterCard)

ワンコイン投資

ワンコイン投資とは、LINEウォレットで500円から積立投資できるサービスです。

ワンコイン投資について、詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 LINE上で500円から始められるワンコイン投資

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント