LINE Payのメリットと使い方

LINE Payとは、LINEアプリでお買い物の支払いができるスマホ決済サービスです。この記事では、LINE Payのメリットと使い方をご紹介します。

メリット

LINE Payには次のようなメリットがあります。

  • 専用アプリ不要
  • ポイント還元
  • BOOK OFFの買取代金をキャッシュレスで受け取れる
  • 大型ごみ処理手数料を納付できる

専用アプリ不要

LINE Payは支払専用のアプリを必要とせず、いつも使っているLINEアプリでお買い物の支払いができます。

ポイント還元

LINE Payを利用すると、決済金額の0.5%分がLINEポイントで還元されます。

BOOK OFFの買取代金をキャッシュレスで受け取れる

本や服などの不用品をBOOK OFFで売るときにキャッシュレス買取を依頼すると、店頭で受付するだけで、査定を待たずに帰れます。買い取り代金はキャッシュレス決済サービスに入金されます。具体的には、次のキャッシュレス決済に対応しています。

大型ごみ処理手数料を納付できる

兵庫県神戸市では、大型ごみ処理手数料をキャッシュレス決済で納付することができます。具体的には、次のキャッシュレス決済が使えます。

  • クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB)
  • LINE Pay
  • PayPay

手数料

LINE Payの手数料は次のとおりです。

LINE Payの手数料
サービス手数料
チャージ無料
決済無料
送金無料
出金1件あたり220円

LINE Payにチャージしたり、決済するのに手数料はかかりません。

LINE Payから残高を引き出すには、1件あたり220円の出金手数料がかかります。

使い方

チャージ

LINE Payは銀行やATM、コンビニからチャージ(入金)できます。

セブン銀行のATMでLINE Payにチャージすることができます。24時間、365日利用可能で、手数料はかかりません。最低1,000円からチャージ可能で、上限はありません。また、LINE Payからの出金も可能で、最低1,000円から1日最大10,000円まで出金できます。

LINE Payへは次の銀行口座からチャージ(入金)できます。

銀行口座からLINE Payへチャージ

送金

LINE Payのユーザー同士なら、手数料無料で送金することができます。

出金

LINE Payの残高を銀行口座へ出金するには、本人確認を行って、LINE Moneyアカウントにする必要があります。

出金するには、LINE Payのメニューから「設定」をタップします。

LINE Pay口座からの出金方法

設定画面で「出金」をタップして、出金用の銀行口座を選びます。

出金する金額を指定して、「出金」をタップします。

LINE Pay口座からの出金方法

面倒なのが、平日の昼間にしかLINE Payの残高を出金できないことです。それ以外の時間帯に出金しようとすると、次のエラーメッセージが出ます。

利用制限のご案内
以下の理由で、利用が制限されています。
銀行の営業時間終了
利用可能時間:平日09:00~15:00

LINE Pay請求書支払い

LINE Pay請求書支払いとは、公共料金や通販などの請求書に記載されているバーコードをLINE Payのコードリーダーで読み込みと、LINE Payの残高で支払えるLINE Payアプリの機能です。

次の公共料金でLINE Pay請求書支払いを利用できます。

LINE Pay請求書支払いが使える公共料金
自治体公共料金
東京都水道料金
東京都昭島市水道料金
東京都渋谷区特別区民税・都民税
軽自動車税
国民健康保険料(税)
神奈川県自動車税
個人事業税
不動産取得税
神奈川県横浜市上下水道料金
千葉県野田市固定資産税・都市計画税
市県民税
軽自動車税
国民健康保険料(税)
介護保険料
後期高齢者医療保険料
奈良県生駒市上下水道料金
京都府個人事業税
自動車取得税
自動車税など
京都府宮津市市県民税
軽自動車税
国民健康保険料
上下水道料金
介護保険料など

LINE PayからVisaカードを発行・利用可能に

LINE Pay

2019年6月6日、LINE PayとVisaが提携を発表しました。今後、LINE PayアプリからVisaブランドのバーチャルカードを発行できるようになります。

LINE Payで発行したVisaバーチャルカードは、全世界のVisa加盟店でオンライン上の支払いに利用できます。

バーチャルカードについては、次の記事もご覧ください。

関連記事 Vプリカ(Visa)
関連記事 楽天バーチャルプリペイドカード(MasterCard)

ワンコイン投資

ワンコイン投資とは、LINEウォレットで500円から積立投資できるサービスです。

ワンコイン投資について、詳しくは次の記事をご覧ください。

関連記事 LINE上で500円から始められるワンコイン投資

Visa LINE Payクレジットカード

LINE Pay株式会社は「Visa LINE Payクレジットカード」を発行しています。

Visa LINE Payクレジットカードの概要
国際ブランドVISA
年会費1,250円(税別)
年間1回以上のショッピング利用で無料
還元率1%(初年度は3%)
Visaのタッチ決済利用可

キャンペーン

LINE Payでは次のキャンペーンを実施しています。

  • マイナポイントキャンペーン

マイナポイントキャンペーン

マイナポイントを申し込む際にキャッシュレス決済サービスとしてLINE Payを選択すると、LINE Pay加盟店で利用できる特典クーポンがプレゼントされます。

2020年8月25日までに申込むと、翌月から3か月間にわたって月々5枚(3か月間で合計15枚)の特典クーポンがもらえます。

LINE Payのマイナポイントキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

公式 【LINE Pay】マイナポイント事業、いよいよ申込みスタート

参考文献

BOOK OFF (2021) キャッシュレス買取 | BOOKOFFの買取は店内で待たなくていい!
神戸市 (2021) 大型ごみ処理手数料納付のキャッシュレス決済導入

コメント