Tポイントで1株から取引ができるSBIネオモバイル証券(ネオモバ)

証券

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)はTポイントを使って1株から株式投資ができる証券会社です。単元未満株の手数料が他の証券会社より割安となっていますが、手数料体系に癖があります。

SBIネオモバイル証券とは

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは、ネット証券で口座数No.1のSBI証券とポイントサービス「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ・マーケティングが共同出資して設立された証券会社です。

現金だけでなく、Tポイントを使ってミニ株を取引できるのが特徴です。

SBIネオモバイル証券の手数料

SBIネオモバイル証券の手数料は、月間の株式約定代金の合計額に応じて決まります。

SBIネオモバイル証券の手数料
約定代金合計額手数料(税抜)
0円以上 50万円以下200円
50万円超 300万円以下1,000円
300万円超 500万円以下3,000円
500万円超 1,000万円以下5,000円
1,000万円超100万円ごとに1,000円加算

1日の株式約定合計額によって手数料が決まるという手数料体系を採用している証券会社は多いですが、月間の株式約定代金の合計額によって手数料が決まる手数料体系を採用しているのは珍しい存在です。

1株(単元未満株)から取引できる証券会社では、売買代金の0.5%程度の手数料を徴収することが多いので、月に4万円以上取引すれば他の証券会社より得になります。

ただし、SBIネオモバイル証券では月間の約定代金合計額が0円でも200円の手数料がかかります。

そのため、累積投資するにはお得な証券会社ですが、売買頻度が低い場合は割高になります

SBIネオモバイル証券の取扱商品

SBIネオモバイル証券では次の商品を取り扱っています。

  • 国内株式
  • WealthNavi for ネオモバ

国内株式

国内株式は取引できる単元株数が決められていて、たとえばディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドは100株単位で売買できます。オリエンタルランドの株価が1株あたり13,000円であれば、100株130万円で取引することになります。

証券会社の中には単元株数に関わらず1株単位で取引できるところがあります。これを単元未満株取引といいます。ただし、単元未満株取引の手数料は単元株取引より割高であることが一般的です。

SBIネオモバイル証券では、国内株式を1株から取引できます。国内株式であれば、上場投資信託(ETF)不動産投資信託(REIT)も取引できます。

WealthNavi for ネオモバ

SBIネオモバイル証券では、全自動のおまかせ資産運用サービスWealthNaviと提携した「WealthNavi for ネオモバ」を提供しています。

自分で株式銘柄を選ぶのが難しい方にとっては便利なサービスです。

キャンペーン

SBIネオモバイル証券では次のキャンペーンを実施しています。

開業記念キャンペーン

2019年4月10日~5月17日の期間中に口座開設をして、Tポイント利用手続きをすると、もれなくTポイントが200ポイントプレゼントされるキャンペーンが実施中です。付与されるTポイントは期間限定ポイントで、ポイントの有効期限は付与日の翌月末まで。

「WealthNavi for ネオモバ」サービス開始キャンペーン

2019年4月17日~5月31日の期間中に「WealthNavi for ネオモバ」の口座を開設すると、入金した金額に応じて最大15,000円がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

入金金額プレゼント金額
1万円~5万円未満50円
5万円~10万円未満200円
10万円~15万円未満500円
15万円~20万円未満600円
20万円~50万円未満700円
50万円~100万円未満1,000円
100万円~150万円未満2,500円
150万円~200万円未満5,000円
200万円~300万円未満10,000円
300万円~15,000円

SBIネオモバイル証券について詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント