ダウ平均株価(NYダウ)とは?

ニューヨーク証券取引所証券

ダウ平均株価(Dow Jones Industrial Average)とは、米国の代表的な株価指標で、NYダウ(ニューヨーク・ダウ)とも呼ばれています。

ダウ平均株価とは

ダウ平均株価はアメリカを代表する30社で構成されていて、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しています。わかりやすく言うと、米国30社の株価を平均値にしたものです。

ダウ平均は1896年に12銘柄で始まり、1928年から30銘柄となりました。

構成銘柄は、時価総額が大きいことや高い名声、持続的な成長、米国で設立され米国内に本社がある、売上高の大半は米国内の営業活動といった基準で選ばれています。

ダウ平均株価はNYダウとも呼ばれいていますが、ニューヨーク証券取引所だけでなくナスダック上場の企業もあります。

上場株式市場の全体像を反映するために業種に偏りが無いよう選ばれていますが、輸送と公共事業は含まれていません。輸送と公共事業は別の指標があります。

日経平均との違い

日経平均株価(日経225)との違いは、ダウ平均株価がアメリカの株式市場の値動きを表す株価指数であるのに対して、日経平均株価は日本の株式市場の値動きを表す株価指数であることです。

構成銘柄

ダウ平均株価の構成銘柄は次のとおりです。

会社名業種
アメリカン・エキスプレスクレジットカード
アップルIT
ボーイング航空機
キャタピラー建設機械
シスコシステムズIT
シェブロン石油
エクソンモービル石油
ゴールドマンサックス金融
ホーム・デポホームセンター
IBMIT
インテルIT
ジョンソン・エンド・ジョンソン医薬・日用品
コカ・コーラ飲料
JPモルガン・チェース金融
マクドナルド外食
3M化学
メルク製薬
マイクロソフトIT
ナイキスポーツ用品
ファイザー製薬
プロクター・アンド・ギャンブル日用品
トラベラーズ保険
ユナイテッド・ヘルス・グループ保険
ユナイテッド・テクノロジーズ機械・航空
ベライゾン・コミュニケーションズ通信
ビザクレジットカード
ウォルマート小売
ウォルト・ディズニーメディア
ダウ・デュポン化学
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスドラッグストア

2018年6月26日にゼネラル・エレクトリックが構成銘柄から外され、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが組み入れられました。

NYダウのETF

ダウ・ジョーンズ工業株30種平均を対象指標とするETF(上場投資信託)には、次の銘柄があります。

NYダウのETF
コード銘柄信託報酬
1679Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信0.550%
1546NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信0.495%

Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信

米国を代表する株価指数である「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(NYダウ)」の円換算値との連動を目指すETFです。

銘柄概要
名称Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信
略称NYダウ
コード1679
管理会社シンプレクス・アセット・マネジメント
売買単位10口
信託報酬0.55%(税込)
分配金支払基準日毎年12月6日(年1回)
マーケットメイクなし

NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信

米国を代表する株価指数である「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(NYダウ)」の円換算値との連動を目指すETFです。

銘柄概要
名称NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
略称NYダウ30投信
コード1546
管理会社野村アセットマネジメント
売買単位1口
信託報酬0.495%(税込)
分配金支払基準日毎年8月10日(年1回)
マーケットメイクなし

NYダウのインデックスファンド

ダウ平均株価をベンチマーク(参考指標)としているおもな投資信託は次のとおり。

楽天証券ならNYダウのETFが手数料無料で取引できる

ETF(上場投資信託)はインデックスファンドと比べて信託報酬が低いので、保有コストが安くなるというメリットがあります。

しかし、インデックスファンドには購入手数料がかからないものがほとんどですが、ETFを売買するには株式と同じ手数料がかかります。

楽天証券では、次のNYダウETFが手数料無料で取引できます。

楽天証券で手数料無料のNYダウETF
コード銘柄
1546NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信

楽天証券について詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。


モトリーフール 楽天証券

コメント